WEARBRARY

【保存版】ロッカーズファッションとは?歴史や特徴を解説

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. WEARBRARY >

【保存版】ロッカーズファッションとは?歴史や特徴を解説

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

【保存版】ロッカーズファッションとは?歴史や特徴を解説

ロッカーズは、1950年代後半から1960年代初頭にかけてイギリスで誕生したバイク愛好者たちのサブカルチャーであり、ロックンロール音楽と密接に結びついたファッションとライフスタイルで知られています。

黒の革ジャンやブーツ、デニムなどのスタイルは、単なるファッションアイテムに留まらず、反抗的な若者の象徴としての役割を果たしました。

また、エースカフェをはじめとする特定のカフェに集まり、カフェレーサーとしてのバイクレースやツーリングを楽しむ姿は、当時の若者文化の一翼を担っていました。

 

この記事では、ロッカーズの起源、ファッションスタイル、ライフスタイル、そしてその後の文化への影響についてご紹介します。

 

ロッカーズの起源

ロッカーズの起源

1950年代後半のイギリス

ロッカーズの起源は、1950年代後半のイギリスに遡ります。

この時代、戦後の経済復興が進む中で、若者たちの間に新たな文化が芽生えました。

ロッカーズは、その名の通りロックンロール音楽の熱烈なファンであり、音楽と共にバイク文化を楽しむ若者たちの集まりでした。

 

バイクと音楽の融合

ロッカーズは主にバイクに乗ることを楽しむグループで、特にトライアンフやノートンなどの英国製オートバイを好んでいました。

彼らはバイクを改造し、カフェレーサーと呼ばれるスタイルに仕上げました。

このスタイルは、スピードとスタイルを重視したもので、特に短距離レースに適していました​。

 

エースカフェとカフェレーサー文化

ロッカーズの象徴的な集会場所として有名なのが、ロンドン北西部に位置するエースカフェです。

このカフェは、バイカーたちの聖地として知られ、ここで多くのロッカーズが集まりました。

エースカフェでは、バイクのレースやツーリングが頻繁に行われ、これがカフェレーサー文化の基盤となりました。

 

ファッションと反抗の象徴

ロッカーズのファッションは、黒の革ジャンや革パン、ブーツなど、バイカー特有のスタイルが特徴です。

彼らのファッションは、映画『The Wild One』のマーロン・ブランドに影響を受けており、反抗的な若者の象徴として広まりました。

また、髪型はポマードで整え、レトロな雰囲気を醸し出していました。

 

モッズとの対立

1960年代には、ロッカーズとモッズという二つの若者グループが存在しました。

モッズは洗練されたファッションとスカ音楽を好む一方で、ロッカーズはバイクとロックンロールを愛する反抗的なグループでした。

この二つのグループは対立関係にあり、1964年のブライトンの海岸での大乱闘は有名です​。

CHECK

【保存版】モッズファッションとは?歴史や特徴を解説
【保存版】モッズファッションとは?歴史や特徴を解説

1950年代後半から1960年代にかけて、イギリスの若者たちが生み出した「モッズファッション」は、単なるファッションスタイルを超えて、社会全体に大きな影響を与えました。 このスタイルは、イタリアのスー ...

続きを見る

 

ロッカーズの影響

ロッカーズの文化は、単なる一時的なブームに留まらず、その後のパンクファッションやバイカースタイルに大きな影響を与えました。

現在でもロッカーズスタイルは、バイク愛好者や音楽ファンの間で根強い人気を誇っています​。

 

ロッカーズのファッションスタイル

ロッカーズのファッションスタイル

黒の革ジャン

ロッカーズファッションの中心となるアイテムは、黒の革ジャンです。

これには、ライダースジャケットやフライトジャケットが含まれます。

特に有名なのはルイスレザー (Lewis Leathers) のジャケットで、マーロン・ブランドが映画『The Wild One』で着用したことからその人気が高まりました。

ルイスレザーの「BRONX」や「ドミネーター」などのモデルが、ロッカーズにとって定番のアイテムとなりました。

CHECK

Lewis Leathers
Lewis Leathersとは?【ブランドリリース】

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、クラシカルな英国スタイルを基盤にし、高品質なレザーウェアを提供することで知られています。 1892年に創業されたこのブランドは、その後のモーターサイクル ...

続きを見る

 

デニムと革パンツ

ロッカーズは下半身にデニムや革パンツを好んで着用しました。

これらのアイテムは耐久性があり、バイクに乗る際の保護にも役立ちます。

特に英国製や香港製のジーンズが一般的でした。

 

ワッペンとバッジ

革ジャンの背中や袖には、多くのワッペンやバッジが飾られていました。

これには、59 Club(ファーザー・ビル・シャーゴールドが創設したクラブ)のワッペンや、サーキットやツーリング先のご当地ワッペンが含まれます。

これらの装飾は、ロッカーズの個性と所属意識を示す重要なアイテムでした​。

 

ブーツ

ロッカーズの足元を飾るのは、頑丈なブーツです。

これもバイクに乗る際の安全性を考慮した選択であり、同時に反抗的で力強いイメージを強調するアイテムです。

典型的なブランドには、ドクターマーチン(Dr. Martens)などがあります​。

CHECK

DR. MARTENS
DR. MARTENSとは?【ブランドリリース】

DR. MARTENS(ドクターマーチン)は、その独自のデザインと高い耐久性で世界中のファッション愛好者に愛され続けているブランドです。 このブランドの魅力は、単なる靴としての機能性を超え、多くのサブ ...

続きを見る

 

インナーウェア

上半身には、ワイドスプレッドカラーのシャツやニットのセーターを着用するのが一般的でした。

これにより、革ジャンとのコントラストが生まれ、スタイルに深みが加わります。

Tシャツではなく、シャツやセーターを選ぶことで、より洗練された印象を与えることができます。

 

ヘアスタイル

ロッカーズのヘアスタイルは、ポマードで整えたグリースバックが特徴です。

これは、反抗的で男らしいイメージを強調するためのものであり、ロックンロールの影響を強く受けたスタイルです。

グリースバックは、映画『The Wild One』のマーロン・ブランドや、ジーン・ヴィンセント、エディ・コクランなどのロックンロールアーティストからの影響を受けています​。

 

その他のアクセサリー

ロッカーズは、アクセサリーとしてサングラスやバンダナを使用することも一般的でした。

これらのアイテムは、バイクに乗る際の実用性だけでなく、スタイルの一部としても重要視されていました。

 

ロッカーズのライフスタイル

ロッカーズのライフスタイル

集会場所

ロッカーズの若者たちは、特定のカフェに集まりました。

その中でも特に有名なのが、ロンドン北西部に位置するエースカフェ(Ace Cafe)です。

エースカフェはバイク乗りの聖地として知られ、ここでロッカーズたちは情報交換を行い、バイクの改造やメンテナンスの知識を共有していました。

エースカフェ以外にも、The Busy Bee CafeやThe Salt Box Cafeなどがロッカーズたちの集会場所として人気がありました。

 

カフェレーサー文化

ロッカーズはバイクを単なる移動手段としてだけでなく、個性を表現するための重要なツールと捉えていました。

彼らはバイクを改造し、カフェレーサーと呼ばれるスタイルに仕上げました。

カフェレーサーとは、スピードとスタイルを重視した短距離レースに適したバイクのことを指します。

特に、トライアンフやノートン、BSAなどの英国製バイクが好まれました​。

 

音楽の影響

ロッカーズのライフスタイルは、ロックンロール音楽と密接に結びついていました。

彼らはエルヴィス・プレスリー、ジーン・ヴィンセント、エディ・コクランなどのアーティストの音楽を愛し、これらの音楽が流れるカフェで時間を過ごすことが一般的でした。

また、イギリス国内のアーティストとしては、クリフ・リチャードやザ・シャドウズが人気でした​。

 

59 Clubの影響

ロッカーズの文化において重要な役割を果たしたのが、59 Clubです。

このクラブは、バイク愛好者の集まりで、神父ファーザー・ビル・シャーゴールドによって創設されました。

59 Clubは、バイクを通じて青少年の教育や更生を図る目的で活動しており、そのワッペンをつけることはロッカーズたちにとってのステータスシンボルとなっていました。

 

ロッカーズファッションの影響

ロッカーズファッションの影響

パンクファッションへの影響

ロッカーズファッションは、1970年代後半に台頭したパンクファッションに大きな影響を与えました。

特に、ルイスレザーズ (Lewis Leathers) のジャケットは、パンクロックミュージシャンの間で非常に人気がありました。

セックス・ピストルズのシド・ヴィシャスや、ザ・クラッシュのメンバーなど、多くのパンクロッカーがロッカーズのスタイルを取り入れ、その影響を色濃く受けたファッションを展開しました​。

 

バイカーファッションの普及

ロッカーズファッションは、バイカーファッションの基盤となりました。

黒の革ジャンやブーツ、デニムといったアイテムは、現代のバイカーファッションの定番となっています。

これらのスタイルは、バイクに乗るための実用性と反抗的なイメージを兼ね備えており、多くのバイカーに愛され続けています​​。

 

音楽シーンへの影響

ロッカーズは、そのファッションだけでなく、音楽シーンにも大きな影響を与えました。

ロックンロールやロカビリーのスタイルは、ロッカーズの文化と共に広まり、これがパンクロックやガレージロックなどの音楽ジャンルに影響を与えました。

音楽とファッションが密接に結びついたロッカーズの文化は、後の音楽シーンにおいても重要な位置を占めています​。

 

映画やメディアへの影響

ロッカーズのスタイルは、映画やメディアにも影響を与えました。

例えば、映画『さらば青春の光(Quadrophenia)』では、ロッカーズとモッズの対立が描かれており、これがロッカーズ文化の再評価に繋がりました。

また、ファッション雑誌や広告においても、ロッカーズスタイルが取り上げられることが増え、若者文化の一部として広く認知されるようになりました​。

 

現代ファッションへの継承

現代のファッションデザイナーたちも、ロッカーズスタイルからインスピレーションを得ています。

例えば、レザーアイテムやヴィンテージ風のデニム、ワッペンやバッジで装飾されたジャケットなど、ロッカーズのエッセンスを取り入れたデザインが多く見られます。

これにより、ロッカーズのスタイルは現在でも新たな形で生き続けているのです​​。

 

まとめ:反抗的な若者の象徴でもあるロッカーズファッション

まとめ:反抗的な若者の象徴でもあるロッカーズファッション

ロッカーズは、1950年代後半から1960年代初頭にかけてイギリスで誕生したバイク愛好者たちのサブカルチャーであり、その象徴的なファッションとライフスタイルで多くの若者たちに影響を与えました。

黒の革ジャン、デニム、ブーツなどのスタイルは、単なるファッションアイテムに留まらず、反抗的な若者の象徴として機能しました。

また、エースカフェをはじめとする特定のカフェに集まり、カフェレーサーとしてのバイクレースやツーリングを楽しむ姿は、当時の若者文化の一翼を担っていました。

 

さらに、ロッカーズのスタイルと文化は、1970年代後半のパンクファッションや現代のバイカーファッションに多大な影響を与え、映画やメディアを通じて広く知られるようになりました。

音楽シーンにも深い影響を及ぼし、ロックンロールやロカビリーのスタイルがパンクロックやガレージロックなどの音楽ジャンルに波及しました。

 

現代においても、ロッカーズのスタイルは多くのファッションデザイナーや若者たちにインスピレーションを与え続けています。

この記事では、ロッカーズの起源からファッションスタイル、ライフスタイル、そしてその影響について詳しくご紹介しました。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-WEARBRARY

© 2024 IDEALVINCI