ブランドリリース

Schottとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

Schottとは?【ブランドリリース】

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

Schott

Schott(ショット)は、その卓越したデザインと機能性で長年にわたりファッション界で愛され続けています。

特にダブルライダースジャケット「ワンスター」は、1950年代から現代に至るまで、多くの文化的なムーブメントと深く結びついてきました。

この記事では、Schott(ショット)のデザインの特徴とスタイルについて詳しくご紹介します。

 

Schottの起源と歴史

起源と創業

1913年、ニューヨークのイーストブロードウェイでアーヴィン・ショット(Irving Schott)とジョン・ショット(Jack Schott)の兄弟によって創業されたSchott(ショット)は、当初はレインコートの製造業者としてスタートしました​。

この時代のアメリカではまだ革ジャンやライダースジャケットが一般的ではなく、Schott(ショット)は次第にその革新性で知られるようになっていきました。

 

進化と革新

1928年、Schott(ショット)は世界初のジッパー付きライダースジャケット「Perfecto」を開発しました。

これは当時としては画期的なデザインで、従来のボタン式ジャケットに比べて非常に実用的でした。

この「Perfecto」は後に1953年の映画『ザ・ワイルドワン』でマーロン・ブランドが着用したことで、一気に人気が爆発しました​。

この映画の影響で、Schott(ショット)のライダースジャケットは「反逆」のシンボルとして若者文化に深く根付くこととなりました。

 

戦時中の貢献

第二次世界大戦中、Schott(ショット)はアメリカ海軍向けにピーコートやA-2フライトジャケットを製造するなど、軍用品の供給も行いました​。

これにより、Schott(ショット)は軍需品メーカーとしても高い評価を得ることとなりました。

 

ポピュラーなモデルと文化的影響

1950年代には、Schott(ショット)のアイコン的なモデル「613US ONESTAR RIDERS」が誕生しました。

このジャケットは肩のエポレットに星型のスタッズが特徴で、バイカー文化やパンクロックのシンボルとしても親しまれました。

特にセックス・ピストルズのシド・ヴィシャスが着用したことでも有名です。

 

現代への継承

1970年代には、日本でも映画『イージー・ライダー』の影響でSchottのジャケットが人気を博しました。

その後、Schott(ショット)は日本の上野商会と代理店契約を結び、日本市場向けの製品を展開するようになりました。

上野商会は日本人の体型に合わせた細身のシルエットの商品をデザインし、中国工場で生産しています​。

 

110周年の記念と現在の展開

2023年に110周年を迎えたSchott(ショット)は、その長い歴史を誇りにしつつも、常に革新を続けています。

現在でもニューヨークのファクトリーで生産を続け、職人たちが高品質な製品を作り上げています。

Schott(ショット)のライダースジャケットは、今もなお多くの人々に愛され続けています。

 

Schott(ショット)は1913年の創業以来、革新と品質を追求し続けてきました。

ライダースジャケットの代名詞として、また軍用品メーカーとしての評価も高く、多くの文化的な象徴としての地位を確立しています。

 

創業者アーヴィン・ショットとジョン・ショット

創業者の背景

Schott(ショット)の創業者であるアーヴィン・ショット(Irving Schott)とジョン・ショット(Jack Schott)は、1913年にニューヨークのイーストブロードウェイで会社を設立しました。

当初、彼らはレインコートの製造からスタートし、その後、世界初のジッパー付きライダースジャケット「Perfecto」を開発することで広く知られるようになりました。

 

アーヴィン・ショットの革新と影響

アーヴィン・ショットは、製品の革新に強い情熱を持っていました。

彼の最も有名な功績の一つは、1928年にジッパー付きのライダースジャケット「Perfecto」を世界で初めて開発したことです。

このジャケットは、当時のスタンダードであったボタン式のジャケットとは一線を画し、より実用的でありながらスタイリッシュなデザインで多くの人々に愛されました​。

 

ジョン・ショットの役割

ジョン・ショットは、アーヴィンと共にSchott(ショット)を設立し、事業の運営と発展に大きく貢献しました。

兄弟二人三脚で、Schott(ショット)は第二次世界大戦中にはアメリカ軍向けのピーコートやフライトジャケットの製造を行い、その品質の高さで信頼を築き上げました。

 

ショット兄弟のビジョンと影響

ショット兄弟は、単なる衣料品メーカーとしてではなく、革新的なファッションブランドとしての地位を確立しました。

1953年の映画『ザ・ワイルド・ワン』でマーロン・ブランドが「Perfecto」を着用したことが、Schottの名を一躍有名にし、若者文化やバイク文化のシンボルとしての地位を確立する契機となりました​​。

 

現在のSchottと創業者の遺産

Schott(ショット)は創業から110年以上が経ちましたが、アーヴィンとジョンの革新精神は今もなおブランドの中核にあります。

現在でも、Schott(ショット)はニューヨークのファクトリーで高品質な製品を作り続けており、その製品は世界中で愛されています。

 

Schott(ショット)の成功と持続的な人気は、創業者であるアーヴィン・ショットとジョン・ショットのビジョンと情熱に大きく依存しています。

 

Schottのデザインの特徴とスタイル

1. ダブルライダースジャケット「ワンスター」

Schott(ショット)の代表的なデザインといえば、ダブルライダースジャケットの「ワンスター」です。

このモデルは1950年代に登場し、エポレットに星形のスタッズが特徴です。ダブルのフロントクロージャー、スタンドカラー、スナップ付きのラペルなどのデザイン要素が特徴で、現在までほとんど変わらない形で受け継がれています。

1953年の映画『ザ・ワイルド・ワン』でマーロン・ブランドが着用したことで、一躍有名になりました。

 

2. シングルライダースジャケット

Schott(ショット)のシングルライダースジャケットも人気があります。

例えば、「641」は、シンプルでクラシックなデザインが特徴です。

ステアハイド(牛革)やホースハイド(馬革)を使用し、頑丈で長持ちする素材が採用されています。

また、チンストラップ、ジッパーカフ、サイドアジャスターなどの機能的なディテールも備わっており、バイクライディングに最適なデザインとなっています​。

 

3. ディテールと機能性

Schott(ショット)のジャケットは、細部にまでこだわったデザインが魅力です。

例えば、ワンスターにはエポレットに星型スタッズが付き、クラシックなバイカースタイルを強調しています。

また、キルティング仕様のライニングや、中綿入りで保温性を高めたデザインなど、機能性も重視されています​​。

 

4. 現代のスタイルへの適応

Schott(ショット)は、伝統的なデザインを維持しながらも、現代のスタイルに合わせたアプローチも行っています。

例えば、日本市場向けにシルエットを調整し、よりスリムでフィット感のあるデザインを提供しています。

また、最新のファッション潮流に合わせたカジュアルラインも展開しており、常に進化を続けています。

 

5. シンボルと文化的影響

Schott(ショット)のライダースジャケットは、単なるファッションアイテム以上の存在です。

1950年代のバイカーブーム、1970年代のパンクロックシーンなど、さまざまな文化的なムーブメントと深く結びついており、ロックミュージシャンやバイカーのアイコンとして愛用されてきました。

ラモーンズやセックス・ピストルズなどの著名なミュージシャンが愛用したことで、さらにその名声を高めました​。

 

Schott(ショット)のジャケットは、その卓越したデザインと高い機能性により、時代を超えて愛され続けるアイテムです。

伝統を守りつつも、常に進化を続けるSchott(ショット)のデザイン哲学は、今後も多くのファッション愛好者に支持されることでしょう。

 

まとめ:Schott ブランドリリース

Schott(ショット)は、その長い歴史と確固たるデザイン哲学でファッション界において不動の地位を築いています。

特に、ダブルライダースジャケット「ワンスター」をはじめとする製品群は、バイカーファッションやロックファッションのアイコンとして多くの人々に愛され続けています。

星形のスタッズが特徴的な「ワンスター」や、シンプルで機能的なシングルライダースジャケットは、時代を超えてその魅力を保ち続けています。

 

Schott(ショット)のジャケットは、細部にまでこだわったデザインと高い機能性を備えており、キルティング仕様のライニングや中綿入りで保温性を高めた設計が特徴です。

また、現代のファッションニーズに応えるため、日本市場向けにシルエットを調整したモデルやカジュアルラインも展開しています。

 

Schott(ショット)の製品は、単なるファッションアイテム以上の存在であり、文化的なシンボルとしての地位を確立しています。

1950年代のバイカーブームや1970年代のパンクロックシーンで愛用されたことにより、その名声はさらに高まりました。

 

これからもSchott(ショット)は、伝統を守りつつも進化を続けるブランドとして、多くのファッション愛好者に支持されることでしょう。

Schott(ショット)のデザインの特徴とスタイルを理解することで、その魅力をより深く感じることができるはずです。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース

© 2024 IDEALVINCI