ブランドリリース

Lewis Leathersとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

Lewis Leathersとは?【ブランドリリース】

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

Lewis Leathers

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、クラシカルな英国スタイルを基盤にし、高品質なレザーウェアを提供することで知られています。

1892年に創業されたこのブランドは、その後のモーターサイクルウェア市場において重要な役割を果たしてきました。

特に、ロッカーズやパンク文化との深い結びつきにより、多くのミュージシャンやバイク愛好者に支持されています。

この記事では、Lewis Leathers(ルイスレザー)のデザインの特徴とスタイルについてご紹介します。

 

Lewis Leathersの起源と歴史

起源

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、1892年にイギリスのロンドンで創業されました。

創業者であるデビッド・ルイスは、「D. Lewis Ltd」として紳士洋品店をスタートしました。

創業当初は紳士服の製作・販売を手掛けていましたが、その後、パイロットやドライバー、バイカーのための防寒着やフライトジャケットの生産に乗り出しました。

 

発展と成長

1920年代には、特にパイロット用のレザーウェアが注目されるようになり、1926年から本格的にレザージャケットの生産を開始しました。

1930年代には、イギリス空軍に「AVIAKIT」ブランドのフライトジャケットやブーツ、手袋などを供給するようになり、その名をさらに高めました​。

 

1950年代から1970年代

1950年代には、Lewis Leathers(ルイスレザー)はバイク文化の象徴となり、ロッカーズと呼ばれる若いライダーたちに支持されました。

特に「ライトニング」や「サイクロン」などのモデルは、ロックスターたちにも愛用されるようになり、ファッションアイテムとしての地位も確立しました​。

 

1970年代には、セックス・ピストルズやクラッシュといったパンクロックバンドのメンバーが着用したことで、さらに知名度を上げました​。

 

1980年代から現在

1980年代には、ブランドの所有者が数回交代し、1986年にはリチャード氏が所有者となりました。

1990年代にはブランド存続の危機に直面しましたが、2003年にデレック・ハリスがオーナーに就任したことで復活を果たしました。

ハリスは、過去の人気モデルを復刻し、COMME des GARCONSやUNDERCOVERなどのブランドとのコラボレーションも実施しました​。

 

現在のLewis Leathers

現在でも、Lewis Leathers(ルイスレザー)はその伝統を守りつつ、革新的なデザインと技術を取り入れた製品を提供し続けています。

高品質なレザーと熟練の職人による手作業で作られるジャケットは、世界中のバイク愛好者やファッション愛好者から支持されています。

 

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、バイク文化とファッションの両方に多大な影響を与えてきたブランドです。

その歴史は単なるバイクウェアの製造に留まらず、サブカルチャーや音楽シーンとも深く結びついています。

 

Lewis Leathersの創業者

創業者:デビッド・ルイス

Lewis Leathers(ルイスレザー)の創業者であるデビッド・ルイスは、1892年にイギリス・ロンドンで「D. Lewis Ltd」としてこのブランドを立ち上げました。

デビッド・ルイスは当初、紳士服の仕立て業及び装身具用品店として事業を開始しましたが、その後、飛行やモーターサイクル用の防護服の制作にも乗り出しました。

彼の先見性と品質へのこだわりが、Lewis Leathers(ルイスレザー)を長年にわたって愛されるブランドへと成長させました。

 

初期の発展

創業当初からLewis Leathers(ルイスレザー)は、高品質なレザーウェアの製造で知られていました。

特に、1920年代にはパイロットやモーターサイクルライダー向けの製品が注目されるようになり、1930年代には「AVIAKIT」というブランドを立ち上げました。

このブランドは、イギリス空軍にフライトジャケットや防寒服を提供することでさらに名声を高めました​。

 

バイク文化との結びつき

1950年代から1960年代にかけて、Lewis Leathers(ルイスレザー)はイギリスのロッカーズと呼ばれるバイク愛好者たちの間で大変な人気を博しました。

彼らは高品質なレザージャケットを着用し、Lewis Leathers(ルイスレザー)はバイク文化の象徴となりました。

さらに、セックス・ピストルズやクラッシュといったパンクロックバンドのメンバーが愛用したことで、ファッションアイテムとしての地位も確立しました​。

 

デビッド・ルイスの遺産

デビッド・ルイスの革新的なアプローチと品質へのこだわりは、Lewis Leathers(ルイスレザー)の製品に反映されています。

彼の創業したブランドは、単なるモーターサイクルウェアのメーカーに留まらず、サブカルチャーや音楽シーンとも深く結びついています。

デビッド・ルイスのビジョンと献身が、今日も続くLewis Leathers(ルイスレザー)の成功と影響力の基盤を築いたのです​。

 

Lewis Leathersのデザインの特徴とスタイル

デザインの特徴

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、その高品質なレザーウェアで知られており、特にライダースジャケットが人気です。

ブランドのデザインはクラシカルな英国スタイルに基づいており、シンプルかつ機能的な特徴を持ちます。

 

  1. 素材の選定: Lewis Leathers(ルイスレザー)は、シープスキン、ホースハイド、カウハイドなどの高品質なレザーを使用しています。シープスキンは軽く柔らかいため着心地が良く、ホースハイドは独特の艶とシワが楽しめる素材です。カウハイドは耐久性が高く、長く使用することができます。
  2. デザインのディテール: 代表的なモデルには、ライトニングやサイクロン、ブロンクスなどがあります。これらのジャケットは、それぞれのデザインに特徴的なディテールを持ち、例えば、ライトニングは4本のアジャスターと5つのジップポケットを備え、機能性とデザイン性を両立しています​。
  3. カスタマイズ性: Lewis Leathers(ルイスレザー)はカスタムオーダーも受け付けており、顧客の要望に応じて細部を調整することができます。このため、個々のユーザーにフィットしたジャケットを提供することが可能です​​。

 

スタイルの特徴

  1. クラシカルな英国スタイル: Lewis Leathers(ルイスレザー)のスタイルはクラシカルな英国のモーターサイクルウェアに根ざしており、その歴史は1892年にまで遡ります。伝統的なデザインを守りながらも、現代のファッションシーンに適応するスタイルを維持しています​。
  2. ロッカーズとパンク文化: 1950年代から1960年代にかけて、Lewis Leathers(ルイスレザー)はロッカーズと呼ばれるバイク愛好者たちに愛され、その後1970年代にはパンクロックバンドのメンバーにも広く支持されました。この背景から、ブランドは音楽シーンとも深く結びついています​​。
  3. 現代的なアレンジ: 近年では、COMME des GARCONSやHYSTERIC GLAMOURなどとのコラボレーションにより、伝統的なデザインを現代的にアレンジしたモデルも登場しています。これにより、より広い層のファッション愛好者から支持を得ています。

 

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、その高品質な素材とクラフツマンシップ、そしてクラシカルな英国スタイルを基に、現代でも変わらぬ魅力を提供し続けています。

このブランドは一生物の価値を持ち、バイク愛好者やファッション愛好者にとって欠かせない存在です。

 

まとめ:Lewis Leathers ブランドリリース

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、クラシカルな英国スタイルを基盤にし、高品質なレザーウェアを提供するブランドです。

1892年に創業され、飛行服やモーターサイクル用防護服の製造から始まり、ロッカーズやパンク文化と深く結びつくことで、その名声を築いてきました。

特に、シープスキンやホースハイドなどの高品質なレザーを使用し、機能性とデザイン性を兼ね備えたジャケットが多くの人々に愛されています。

 

デザインの特徴としては、シンプルでありながらも細部にこだわった作りが挙げられます。

代表的なモデルであるライトニングやサイクロンは、機能性とファッション性を両立させたディテールが特徴です。

また、現代ではCOMME des GARCONSやHYSTERIC GLAMOURとのコラボレーションにより、伝統的なデザインを現代的にアレンジしたモデルも展開されています。

 

Lewis Leathers(ルイスレザー)は、一貫してクラフツマンシップを重視し、メイドインイングランドの品質を守り続けています。

その結果、一生物の価値を持つジャケットとして、多くのバイク愛好者やファッション愛好者から支持されています。

今後も、その伝統と革新を融合させたスタイルで、多くのファンを魅了し続けることでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース

© 2024 IDEALVINCI