WEARBRARY

【保存版】スキンズファッションとは?歴史や特徴を解説

2024年5月29日

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. WEARBRARY >

【保存版】スキンズファッションとは?歴史や特徴を解説

2024年5月29日

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

【保存版】スキンズファッションとは?歴史や特徴を解説

スキンズファッションは、1960年代半ばにイギリスで誕生したユースカルチャーの一つです。

労働者階級の若者たちが自らのアイデンティティを表現するために生み出したこのスタイルは、当時の社会的不安や経済的な背景とも深く結びついています。

本記事では、スキンズファッションの起源となるモッズ文化からの流れ、スキンヘッズの特徴的なファッション、彼らが愛した音楽、そして現代に至るまでの影響について詳しく解説していきます。

スキンズファッションの歴史とその社会的背景を知ることで、現代のファッションシーンや音楽文化に与えた影響をより深く理解することができると思います。

 

スキンズファッションとは

スキンズファッションとは

スキンズファッションの起源

スキンズファッションは、1960年代半ばにイギリスで誕生したモッズ文化をルーツとしています。

モッズ(Mod、Mods、Modernists)は、1950年代後半から1960年代中頃にかけて、イギリスの労働者階級の若者たちの間で流行しました。

彼らはアメリカからのR&Bやソウルミュージック、ジャマイカのスカなどを愛聴し、スクーターに乗り、洗練されたファッションに身を包んでいました​。

 

モッズからスキンズへ

モッズからスキンズへ

モッズの誕生

モッズ(Mod、Mods、Modernists)は、1950年代後半から1960年代中頃にかけて、イギリスの労働者階級の若者たちの間で流行しました。

彼らは洗練されたファッション、特に細身のスーツやパーカー、ウエストが高いジャケットを着こなし、派手な柄のシャツや浅い股上のパンツを好みました。

 

モッズの若者たちは、夜になるとクラブに集まり、最新のブラック・ミュージックやジャマイカのスカ、ソウルミュージックに合わせて踊り、ファッションを楽しみました。

また、移動手段としてイタリア製のスクーター(ランブレッタやベスパ)を好み、多くのライトやミラーで飾り立てていました​。

 

モッズとロッカーズの対立

1960年代には、モッズとロッカーズという二大ユースカルチャーが存在しました。

ロッカーズはバイカー文化を背景に持ち、黒い革ジャケットやジーンズを着用し、トライアンフやノートンのオートバイを乗り回していました。

モッズは、よりスタイリッシュで洗練されたファッションを追求し、音楽やクラブ文化に強く結びついていました​。

 

モッズとロッカーズの対立は、しばしば暴力を伴うものでした。

特に1964年のイースター・ホリデーには、ブライトンで大規模な衝突が発生し、メディアで大きく取り上げられました。

 

スキンヘッズの誕生

モッズ文化は、1960年代後半に分裂し、一部の若者たちはより過激で反抗的なスタイルを追求するようになりました。

これがスキンヘッズ(Skins)の誕生です。

スキンヘッズは、労働者階級のアイデンティティを強調し、坊主頭やドクターマーチンのブーツ、サスペンダー、短めのトラウザーなどを特徴とするスタイルを確立しました。

 

スキンズファッションの特徴

スキンズファッションの特徴

坊主頭とヘアスタイル

スキンヘッズのファッションの最も象徴的な要素は、軍隊風の坊主頭です。

これは彼らの実用主義と反抗精神を象徴しています。坊主頭はまた、スキンヘッズの間での一体感を強める役割も果たしました。

女性のスキンヘッズ(スキンヘッド・ガール)も、男性と同様に坊主頭にしていることが多く、そのスタイルは前髪やもみ上げ、後ろ髪などの裾部分を長く残しつつ頭頂部を短く刈り込む独特のものでした​。

 

ドクターマーチンのブーツ

スキンヘッズのもう一つの象徴的なアイテムは、ドクターマーチンのブーツです。

もともと作業靴として開発されたドクターマーチンは、その耐久性と機能性から労働者階級に広まりました。

特にチェリーレッドの8ホールブーツが人気であり、その堅牢なデザインがスキンヘッズの無骨で力強いイメージを強調しました。

ブーツのシューレースは、黒を基本に、白や黄色も使用されました​。

CHECK

DR. MARTENS
DR. MARTENSとは?【ブランドリリース】

DR. MARTENS(ドクターマーチン)は、その独自のデザインと高い耐久性で世界中のファッション愛好者に愛され続けているブランドです。 このブランドの魅力は、単なる靴としての機能性を超え、多くのサブ ...

続きを見る

 

サスペンダーとトラウザー

スキンヘッズのファッションにはサスペンダーも欠かせません。

彼らはサスペンダーを使ってトラウザー(ズボン)を吊るし、ブーツが見えるように短めの丈に仕立てることが一般的でした。

これは実用的でありながら、スタイルの一部として機能していました​。

 

ジャケットとトップス

スキンヘッズは、さまざまなジャケットを愛用しました。

デニムジャケット、ハリントンジャケット、MA-1、モッズ・ジャケットなどが好まれ、これらのアイテムは彼らのタフで反抗的なイメージを補完しました。

また、フレッドペリーのポロシャツやベンシャーマンのボタンダウンシャツもよく着用され、これらはスキンヘッズのカジュアルな日常スタイルを象徴するものでした​。

CHECK

FRED PERRY
FRED PERRYとは?【ブランドリリース】

FRED PERRY(フレッドペリー)は、イギリス発のブランドであり、そのシンプルで洗練されたデザインが多くの人々に愛されています。 特にポロシャツは、ブランドの象徴として知られており、胸に刺繍された ...

続きを見る

 

音楽と社会背景

音楽と社会背景

スキンヘッズと音楽

スキンヘッズの音楽の趣向は、モッズと同様にレゲエやスカに深く根付いていました。

これらの音楽は、1960年代のイギリスにおいてジャマイカからの移民が持ち込んだものであり、スキンヘッズはそのリズムとエネルギーに共鳴しました。

特に、プリンス・バスターやスキンタウン・オールスターズといったアーティストが人気でした​。

 

スキンヘッズはまた、ルードボーイの影響を強く受けていました。

ルードボーイは、ジャマイカの若者文化であり、反体制的な姿勢と共に、鋭いファッションセンスを持っていました。

スキンヘッズは、このルードボーイのスタイルを取り入れ、自らのファッションや音楽に反映させました。

 

社会背景とスキンヘッズ

1960年代のイギリスは、経済的な不安や社会的な変動が激しい時代でした。

労働者階級の若者たちは、自らのアイデンティティを強調する手段としてスキンズファッションを採用しました。

彼らのファッションは、労働者階級の誇りと反抗精神を表現するものであり、同時に社会に対する不満や疎外感を示すものでした。

 

サッカーとスキンヘッズ

スキンヘッズのライフスタイルの中で、サッカーは非常に重要な要素でした。

彼らは地元のサッカーチームを熱心に応援し、スタジアムに集まっては仲間と共に声援を送りました。

サッカー場は、スキンヘッズにとって社交の場であり、同時に彼らの強い連帯感を育む場所でもありました。

 

社会的な対立とスキンヘッズ

スキンヘッズは、初期の段階ではジャマイカからの移民と友好関係を築いていましたが、やがて一部のグループは過激化し、特定の移民グループに対する敵意を示すようになりました。

特に、パキスタン人移民に対する攻撃が目立ち、スキンヘッズの中には暴力的な行動に出る者も現れました。これにより、スキンヘッズはフーリガンと同一視されることが多くなりました。

 

スキンヘッズは、音楽やファッションを通じて労働者階級の誇りと反抗精神を表現しました。

彼らの音楽の趣向は、レゲエやスカを中心とし、ジャマイカのルードボーイ文化の影響を強く受けました。

また、社会的な不安や経済的な変動の中で、スキンヘッズはサッカーを通じて仲間意識を育み、社会に対する不満を示しました。

スキンヘッズの一部が暴力的な行動に走ったこともあり、そのイメージは複雑で多面的です。

 

スキンズファッションの影響

スキンズファッションの影響

スキンズファッションは、単なるファッションスタイルにとどまらず、若者文化や社会的な主張を反映したものであり、その影響は現代に至るまで続いています。

以下に、スキンズファッションが与えた影響について詳しく説明します。

 

音楽への影響

スキンヘッズは、レゲエやスカを愛し、その音楽スタイルを取り入れました。

彼らの音楽の趣向は、後のパンクロックやオイ・パンク(Oi!)にも影響を与えました。

オイ・パンクは、労働者階級の若者たちの怒りや不満を表現する音楽ジャンルであり、スキンヘッズの反骨精神を反映しています。

 

ファッションへの影響

スキンズファッションは、その後のファッションシーンにも大きな影響を与えました。

ドクターマーチンのブーツやサスペンダー、ハリントンジャケット、フレッドペリーのポロシャツなど、スキンヘッズのアイテムは、現在でも多くのファッションブランドで取り入れられています。

これらのアイテムは、スキンヘッズの象徴としてだけでなく、幅広いファッションシーンで愛用されています。

CHECK

FRED PERRY
FRED PERRYとは?【ブランドリリース】

FRED PERRY(フレッドペリー)は、イギリス発のブランドであり、そのシンプルで洗練されたデザインが多くの人々に愛されています。 特にポロシャツは、ブランドの象徴として知られており、胸に刺繍された ...

続きを見る

CHECK

DR. MARTENS
DR. MARTENSとは?【ブランドリリース】

DR. MARTENS(ドクターマーチン)は、その独自のデザインと高い耐久性で世界中のファッション愛好者に愛され続けているブランドです。 このブランドの魅力は、単なる靴としての機能性を超え、多くのサブ ...

続きを見る

 

社会的な影響

スキンヘッズは、その過激なスタイルや行動から、しばしば社会的な問題を引き起こしました。

特に、移民に対する暴力や差別的な行動が問題視されました。

一部のスキンヘッズグループは、極右思想に傾倒し、移民や少数派に対する攻撃を行うようになりました。

このため、スキンヘッズはフーリガンや無法者としてのイメージが強まりました​。

 

まとめ:アイデンティティと反骨精神を表現したスキンズファッション

まとめ:アイデンティティと反骨精神を表現したスキンズファッション

スキンズファッションは、1960年代半ばにイギリスで誕生したモッズ文化をルーツに持ち、労働者階級の若者たちが自らのアイデンティティと反骨精神を表現するために生み出したスタイルです。

坊主頭やドクターマーチンのブーツ、サスペンダー、短めのトラウザーといった特徴的なファッションアイテムは、彼らの実用主義と反抗的な姿勢を象徴しています。

 

音楽面では、レゲエやスカ、ルードボーイ文化の影響を強く受け、これらの音楽がスキンヘッズのコミュニティを形成する重要な要素となりました。

また、彼らの音楽趣向は後のパンクロックやオイ・パンクに大きな影響を与えました。

 

スキンズファッションは、その後のファッションシーンにも大きな影響を与え、ドクターマーチンのブーツやフレッドペリーのポロシャツなどは現代でも広く愛用されています。

しかし、一部のスキンヘッズグループが過激な行動に走ったことで、スキンヘッズはしばしばフーリガンや無法者としてのイメージが強まりました。

 

スキンズファッションは、単なるファッションスタイルにとどまらず、若者文化や社会的な主張を反映した複雑で多面的な文化です。

彼らの歴史と社会的背景を理解することで、現代のファッションや音楽シーンにおける彼らの影響をより深く知ることができます。

スキンズファッションの誕生から現代まで、その変遷と影響を知ることで、私たちの社会におけるユースカルチャーの重要性を再認識することができるでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-WEARBRARY

© 2024 IDEALVINCI