ブランドリリース

fragment designとは?【ブランドリリース】

2024年5月28日

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

fragment designとは?【ブランドリリース】

2024年5月28日

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

fragment design

藤原ヒロシは、日本のファッション界で最も影響力のある人物の一人として知られています。

彼のプロジェクト「fragment design(フラグメントデザイン)」は、数々のブランドとのコラボレーションで注目を集め、ストリートファッションとハイファッションの架け橋としての役割を果たしています。

本記事では、fragment design(フラグメントデザイン)の背景と歴史、主要なコラボレーション、そしてそのアイテムの特徴について詳しく紹介します。

 

fragment designの背景と歴史

fragment design(フラグメントデザイン)は、藤原ヒロシが2000年代初頭に立ち上げたデザインプロジェクトです。

藤原ヒロシは1980年代から90年代にかけて、音楽プロデューサーやDJとしてのキャリアを築きながら、裏原宿系ファッションの立役者としても知られるようになりました​​。

1990年代には、NIGOや高橋盾らと共に、ストリートカルチャーとファッションの融合を推進し、裏原宿ブームを巻き起こしました​​。

 

裏原ファッションとは?

裏原ファッションは、1990年代後半から2000年代初頭にかけて日本で生まれたストリートファッションの一つで、東京の原宿エリアから発信されました。

「裏原」とは、「裏原宿」の略で、原宿の裏通りに位置するエリアを指します。

このエリアは、独自のファッションカルチャーを育んできたことで知られています。

 

裏原ファッションの起源と発展

裏原ファッションの起源は、1980年代後半から1990年代初頭にかけての日本の若者文化にあります。

当時、原宿は新しいファッションの実験場として多くの若者が集まる場所でした。

1990年代には、ストリートファッションが流行し、その中心となったのが裏原宿エリアでした。

 

裏原ファッションの発展には、いくつかのキーパーソンが重要な役割を果たしました。

特に、藤原ヒロシやNIGOなどのデザイナーやアーティストが、このムーブメントを牽引しました。

彼らは、自身のブランドやショップを通じて、独自のファッションスタイルを提案し、多くの若者に影響を与えました。

 

代表的なブランドとショップ

裏原ファッションの代表的なブランドとしては、「A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)」、「GOODENOUGH(グッドイナフ)」、「UNDERCOVER(アンダーカバー)」などがあります。

これらのブランドは、ユニークなデザインと限定生産により、高い人気を博しました。

 

また、裏原宿エリアには、これらのブランドの旗艦店やセレクトショップが集まり、若者たちのファッションの発信地となりました。

特に、「NOWHERE」は、NIGOと藤原ヒロシが共同で運営するショップで、多くのファッションアイテムが発売され、話題を呼びました。

 

裏原ファッションの特徴

裏原ファッションの特徴は、ストリートカルチャーと高級ブランドの要素を融合させた独自のスタイルにあります。

特に、グラフィティアートやスケートボードカルチャーなど、アンダーグラウンドな要素を取り入れたデザインが多く見られます。

また、アイテムの限定性や希少性が高く、多くのファッション愛好者にとってコレクターズアイテムとなっています。

 

裏原ファッションの影響と現在

裏原ファッションは、1990年代から2000年代にかけて、日本のファッションシーンに大きな影響を与えました。

その後も、世界各国のファッションカルチャーに影響を及ぼし、多くのデザイナーやブランドにインスピレーションを提供しています。

 

現在では、裏原ファッションは一部のファッション愛好者にとっては懐かしい存在となりつつも、その精神は新たなブランドやデザインに引き継がれています。

また、藤原ヒロシやNIGOといったキーパーソンたちは、今なおファッション業界で活躍し続けています。

 

裏原ファッションは、1990年代から2000年代初頭にかけて日本の原宿エリアから生まれたストリートファッションの一つです。

藤原ヒロシやNIGOなどのデザイナーが牽引し、ストリートカルチャーと高級ブランドの要素を融合させた独自のスタイルで、多くの若者に影響を与えました。

現在もその影響は続いており、新たなデザインやブランドにインスピレーションを与え続けています。

 

 

コラボレーション

fragment design(フラグメントデザイン)は、多くの有名ブランドとのコラボレーションで知られています。

以下に、代表的なコラボレーションをいくつか紹介します。

 

Nikeとのコラボレーション

fragment design(フラグメントデザイン)とNikeのコラボレーションは、スニーカーヘッズの間で非常に人気があります。

特に「Nike Air Jordan 1 Retro High OG」とのコラボモデルは、発売と同時に完売するなど、大きな話題となりました。

 

Louis Vuittonとのコラボレーション

2016年には、Louis Vuittonのメンズアーティスティックディレクターであるキム・ジョーンズの招待を受け、伊勢丹新宿店でのポップアップストアを開催しました。

このコラボレーションは、ストリートファッションとラグジュアリーブランドの融合として注目を集めました。

 

スターバックスとのコラボレーション

fragment design(フラグメントデザイン)は、スターバックスとのコラボレーションでも知られています。

特に、表参道B-SIDE店の全面リニューアルや、銀座ソニーパークでのコンセプトショップ「THE CONVENI」のプロデュースなど、店舗デザインにも積極的に関わっています​。

 

藤原ヒロシについて

プロフィールと初期のキャリア

藤原ヒロシ(ふじわら ひろし)は1964年に三重県伊勢市で生まれました。

彼は1980年代から90年代にかけて、音楽プロデューサー、DJ、ファッションデザイナーとして幅広い分野で活躍してきました。

藤原は高校卒業後に上京し、音楽業界でのキャリアをスタートさせました。

 

音楽プロデューサーとしての活動

藤原は音楽プロデューサーとして、UA、藤井フミヤ、小泉今日子など多くのアーティストのプロデュースを手掛けました。

彼の音楽プロデュースのスタイルは、ジャンルを超えた幅広い音楽性と、独自のセンスを持ち合わせています。

1985年にはユニット「TINNIE PUNX(タイニーパンクス)」を結成し、日本のヒップホップ黎明期を象徴する存在となりました​​。

 

ファッションデザイナーとしての活動

1990年代には、ファッションデザインにも進出し、ストリートカルチャーとハイファッションの融合を試みました。

彼はパンク、スケートボード、ヒップホップといったストリートカルチャーをハイファッションと融合させ、NIGOや高橋盾と共に裏原宿系ファッションのブームを牽引しました​。

 

fragment designの設立

藤原ヒロシは2000年代初頭に「fragment design」を設立しました。

このプロジェクトは、多くのブランドとのコラボレーションを通じて、ストリートファッションとハイファッションの融合を実現しました。

代表的なコラボレーションには、Nike、Louis Vuitton、スターバックスなどがあります​。

 

アートとファッションの融合

藤原はまた、アートとファッションの融合にも積極的です。

2008年には村上隆との共同アートコレクション展「Hi&Lo」を開催し、ファッションとアートの境界を超えたクリエイティブな活動を展開しています。

 

藤原ヒロシは、多岐にわたる分野で活躍するクリエイティブな人物です。

音楽プロデューサーとしてのキャリアから始まり、ファッションデザイナーとしても大きな成功を収めています。

彼のプロジェクト「fragment design(フラグメントデザイン)」は、ストリートファッションとハイファッションの融合を象徴するものであり、今後も新たな挑戦を続けることが期待されています。

 

まとめ:fragment design ブランドリリース

藤原ヒロシのfragment design(フラグメントデザイン)は、ストリートファッションとハイファッションの境界を曖昧にし、新しい価値を創造し続けるブランドです。

彼のキャリアは、音楽プロデューサーやDJとしての成功から始まり、ファッションデザイナーとしても多大な影響を与えてきました。

藤原は、パンク、スケートボード、ヒップホップといったストリートカルチャーをハイファッションと融合させることで、裏原宿系ファッションを確立しました。

 

fragment design(フラグメントデザイン)は、Nike、Louis Vuitton、Starbucksなどとの数多くのコラボレーションを通じて、その独自のスタイルを世界中に広めています。

これらのコラボレーションは、限定的で希少価値が高く、ファッション愛好者にとって非常に魅力的です。

また、アートとの融合も積極的に進め、村上隆との共同アートコレクション展「Hi&Lo」などを開催しています。

 

藤原ヒロシのfragment designは、常に新しい挑戦を続け、ファッション界に新たな風を吹き込む存在であり続けています。

彼のクリエイティブなビジョンと革新性は、今後も多くの人々にインスピレーションを与え続けることでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース

© 2024 IDEALVINCI