ブランドリリース

GOODENOUGHとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

GOODENOUGHとは?【ブランドリリース】

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

GOODENOUGHとは?【ブランドリリース】

1990年に藤原ヒロシとスケートシング(中村晋一郎)、岩井徹、水継の4人によって創立されたGOODENOUGH(グッドイナフ)は、日本のストリートファッションシーンにおいて、象徴的な存在となっています。

そのデザインはシンプルでありながらも洗練されており、高品質な素材と細部へのこだわりが特徴です。

無地のTシャツやパーカー、ジーンズといったベーシックなアイテムが中心であり、どのスタイルにも合わせやすいデザインが多くのファッション愛好者に支持されています。

 

GOODENOUGH(グッドイナフ)のアイテムには、ストリートカルチャーのエッセンスが随所に取り入れられており、若者文化や音楽シーンとの深い結びつきが感じられます。

これにより、ブランドは単なるファッションブランドにとどまらず、文化的な象徴としての地位を確立してきました。

シンプルなデザインとカラーリングにより、洗練された印象を与えると同時に、どこか親しみやすさを感じさせるのも魅力の一つです。

 

本記事では、GOODENOUGH(グッドイナフ)のデザインの特徴とスタイルについて詳しくご紹介していきます。

 

「GOODENOUGH(グッドイナフ)」の背景と歴史

ブランドの創設と背景

1990年頃、藤原ヒロシが友人のスケートシング(中村晋一郎)から「Tシャツを作りたい」と相談されたことがきっかけで、GOODENOUGH(グッドイナフ)は誕生しました。

藤原ヒロシ、スケートシング、岩井徹、水継の4人が創立メンバーとして名を連ねています。ブランド名「GOODENOUGH(グッドイナフ)」は藤原ヒロシが考案し、「ちょうどいい」という意味を込められました​。

 

デザイナーとブランドの特徴

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、長年にわたりデザイナーの名前を公にしないことで知られていました。

藤原ヒロシは、名前が出ることで商品自体の評価が歪むことを避けたかったと述べています。

このスタンスは、ブランドが純粋にファッションとしての価値を持つことを目指したものです。

 

ブランドの歴史と展開

  • 1990年: GOODENOUGH設立。
  • 1998年: 突然の活動休止。休止期間は約半年間。
  • 1999年: 活動再開。
  • 2004年: セカンドライン「RESONATE GOODENOUGH」を開始。
  • 2017年: ブランド終了​。

 

裏原宿文化との関係

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、90年代の裏原宿文化の象徴的存在として知られています。

ストリートファッションシーンにおいて、Supreme(シュープリーム)やStussy(ステューシー)と並び、その影響力は絶大でした。

特に、カジュアルでありながら洗練されたデザインが多くの若者に支持され、ストリートカルチャーの一翼を担いました。

 

ブランド終了とその後

2017年、GOODENOUGH(グッドイナフ)は惜しまれつつもブランドの幕を閉じました。

しかし、その後もファッション業界における影響力は色褪せることなく、ストリートファッションの歴史に刻まれた存在として語り継がれています。

多くのデザイナーやブランドに影響を与え続けていることからも、その独自性と革新性が評価されています​​。

 

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、その創設から終了まで、日本のストリートファッションシーンに大きな影響を与えました。

藤原ヒロシのビジョンと、創設メンバーの才能が結集し、90年代の裏原宿カルチャーを象徴するブランドとしての地位を確立しました。

今でもその遺産は多くのファッション愛好者やデザイナーにインスピレーションを与え続けています。

 

「GOODENOUGH(グッドイナフ)」の創業者について

創業者とその背景

1990年代初頭、藤原ヒロシが中心となって創立されたストリートファッションブランド「GOODENOUGH(グッドイナフ)」。

創立メンバーには藤原ヒロシ、スケートシング(中村晋一郎)、岩井徹、水継の4人が名を連ねています。

藤原ヒロシは、日本のストリートファッションシーンにおいて欠かせない存在であり、多くのブランドやアーティストに影響を与えてきました。

 

藤原ヒロシの役割と影響力

藤原ヒロシは、音楽プロデューサーとしても知られ、ファッションと音楽の両方で多大な影響力を持つ人物です。

彼は、ストリートカルチャーのアイコンとして、多くの若者に支持され続けてきました。

GOODENOUGH(グッドイナフ)を設立するにあたり、彼のビジョンと独自のスタイルがブランドの基盤となりました。

 

スケートシングの貢献

スケートシングこと中村晋一郎は、藤原ヒロシの友人であり、GOODENOUGHの創立に大きく関わった人物です。

彼は、デザイナーとしてだけでなく、ブランドのイメージやデザインにも深く関与してきました。

彼の独特のアートスタイルは、ブランドのアイテムに反映され、多くのファッション愛好者に愛されています​。

 

ブランド設立の経緯

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、スケートシングが藤原ヒロシに「Tシャツを作りたい」と相談したことから始まりました。

ブランド名は藤原ヒロシが考案し、意味としては「ちょうどいい」を示す「GOOD ENOUGH」が由来です。

ブランドは設立当初から、そのシンプルで洗練されたデザインが話題となり、裏原宿の代表的なブランドの一つとして名を連ねました​。

 

ブランドの成長と終了

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、1990年代から2000年代初頭にかけて大きな成功を収めました。

しかし、2017年にブランドは惜しまれつつも終了しました。

それでも、藤原ヒロシとスケートシング(中村晋一郎)のビジョンとクリエイティビティは、今なお多くのファッションブランドやデザイナーに影響を与え続けています​。

 

藤原ヒロシとスケートシング(中村晋一郎)らが手がけたGOODENOUGH(グッドイナフ)は、90年代のストリートファッションシーンを象徴するブランドとして、多くのファッション愛好者に影響を与えました。

彼らのクリエイティビティとビジョンは、今後もファッション業界で語り継がれることでしょう。

 

GOODENOUGH(グッドイナフ)のデザインの特徴とスタイル

シンプルさとミニマリズム

GOODENOUGH(グッドイナフ)のデザインは、シンプルさとミニマリズムが特徴です。

ブランド設立当初から、無駄を省いたシンプルなデザインが追求されてきました。このアプローチは、ブランドのアイテムが持つ洗練された美しさと実用性を両立させるためのものでした。

特に、無地のTシャツやパーカー、ジーンズなどのアイテムが多く、これらはどのスタイルにも合わせやすく、多くのファッション愛好者に支持されています。

 

ストリートカルチャーとの融合

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、ストリートカルチャーとの深い関わりを持っています。

ブランドのアイテムには、ストリートファッションのエッセンスが随所に取り入れられており、若者文化や音楽シーンとの結びつきが強調されています。

これにより、ブランドは単なるファッションブランドに留まらず、文化的な象徴としての地位を築いてきました​。

 

GOODENOUGH(グッドイナフ)のデザインの特徴は、そのシンプルさとミニマリズムにあります。

ストリートカルチャーとの融合、高品質な素材とディテールへのこだわり、そしてシンプルで洗練されたカラーリングとパターンが、ブランドのアイテムを際立たせています。

これらの要素が組み合わさることで、GOODENOUGH(グッドイナフ)は時代を超えて愛されるブランドとなりました。

 

まとめ:GOODENOUGH ブランドリリース

GOODENOUGH(グッドイナフ)は、そのシンプルさとミニマリズムを基盤としながらも、ストリートカルチャーとの深い結びつきを持つブランドです。

藤原ヒロシとスケートシングのビジョンが融合し、高品質な素材とディテールへのこだわりが随所に見られるアイテムは、多くのファッション愛好者に愛されています。

無地のTシャツやパーカー、ジーンズなど、ベーシックでありながら洗練されたデザインが特徴であり、どのスタイルにも自然に馴染むそのスタイルは、時代を超えて支持されています。

 

ストリートカルチャーの象徴としての地位を確立し、若者文化や音楽シーンと共に進化してきたGOODENOUGH。

ブランドのアイテムには、シンプルな中にも独自のエッセンスが盛り込まれており、それが多くのファッションファンに受け入れられる理由です。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース

© 2024 IDEALVINCI