WEARBRARY

【保存版】ミリタリージャケットの種類や特徴、歴史を解説

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. WEARBRARY >

【保存版】ミリタリージャケットの種類や特徴、歴史を解説

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

【保存版】ミリタリージャケットの種類や特徴、歴史を解説

ミリタリージャケットは、軍用として開発された背景を持ちながら、その機能性とデザイン性から現代のファッションシーンでも広く愛用されています。

この記事では、代表的なミリタリージャケットの種類とそれぞれの魅力について詳しく解説します。

各ジャケットの歴史や特徴、現代のファッションにおける役割を通じて、ミリタリージャケットの奥深い魅力を探ります。

 

ミリタリージャケットの中でも特に人気が高いのは、MA-1フライトジャケット、M-65フィールドジャケット、M-51モッズコート、BDUジャケット、ジャングルファティーグジャケット、N-1デッキジャケット、CWU-45/Pフライトジャケット、そしてスーベニアジャケット(スカジャン)です。

それぞれのジャケットには独自の歴史とデザインがあり、さまざまなファッションスタイルに取り入れることができます。

まずは、これらのジャケットの歴史と特徴を一つ一つ見ていきましょう。

 

目次

MA-1フライトジャケット

MA-1フライトジャケットは、1950年代にアメリカ空軍によって開発されたジャケットで、現在もファッションアイテムとして広く愛されています。

このジャケットは、軽量でありながら保温性が高く、デザイン性と機能性を兼ね備えているため、幅広いシーンで活躍します。

 

歴史と背景

MA-1フライトジャケットは、第二次世界大戦後の冷戦時代に、アメリカ空軍のパイロットやクルーのために開発されました。

当初の目的は、従来のレザーフライトジャケットに代わる軽量で耐久性のあるジャケットを提供することでした。

ナイロン素材と中綿を使用することで、優れた防寒性能を実現し、またフライト中の安全を考慮して、機体内での動きやすさを確保しています。

 

デザインの特徴

MA-1のデザインは、シンプルながらも実用性に優れています。

リブニットの襟、袖口、ウエストが風の侵入を防ぎ、ナイロン素材のシェルは耐水性と耐久性に優れています。

特に目を引くのは、ジャケットの裏地がオレンジ色に仕上げられている点です。

これは、緊急時にパイロットが目立ちやすくするための工夫です。現代のモデルでは、よりファッション性を重視したカラーリングやデザインも登場しています。

 

現代のファッションにおけるMA-1

MA-1フライトジャケットは、そのスタイリッシュなデザインと機能性から、現代のファッションシーンでも広く支持されています。

映画「トップガン」でトム・クルーズが着用したことから大ブームとなり、その後も様々なブランドがMA-1をベースにしたデザインを展開しています。

カジュアルなデニムスタイルや、モードなスタイルにも合わせやすく、男女問わず多くのファッション愛好者に愛されています。

 

M-65フィールドジャケット

M-65フィールドジャケットは、1965年にアメリカ軍で正式採用されたジャケットで、現在も多くのファッション愛好者に支持されています。

その機能性とデザイン性から、カジュアルからミリタリーファッションまで幅広く活用されています。

 

歴史と背景

M-65フィールドジャケットは、1965年にアメリカ軍で採用されたフィールドジャケットです。

前身のM-51フィールドジャケットの後継モデルとして、改良が加えられています。M-65はベトナム戦争時に広く使用され、高い防寒性と耐久性が求められました。

特に、襟に収納できるフードが特徴で、雨風から身を守るためにデザインされています。

 

デザインの特徴

M-65のデザインは、実用性を重視しています。フロントジッパーとスナップボタンの二重構造、肩や肘に補強が施され、四つの大型ポケットが配置されています。

これにより、多くの物を携帯できる利便性があります。また、取り外し可能なライナーが付属しており、季節に応じて調整可能です。

カラーはオリーブドラブが一般的ですが、ブラックやカモフラージュ柄も人気です。

 

現代のファッションにおけるM-65

M-65フィールドジャケットは、その機能性とスタイリッシュなデザインから、現代のファッションシーンでも高く評価されています。

無骨なデザインが、カジュアルなデニムスタイルやミリタリーファッションにマッチしやすく、多くのブランドがM-65をベースにしたアイテムを展開しています。

男女問わず、多くのファッション愛好者に愛され続けています。

 

M-51モッズコート

M-51モッズコートは、その独自のデザインと機能性から、長年にわたりファッション界で愛され続けているアイテムです。

このジャケットは、ミリタリーファッションの象徴的存在として知られ、カジュアルからシックなスタイルまで幅広く活用されています。

 

歴史と背景

M-51モッズコートは、1951年にアメリカ軍で採用されたパーカタイプのフィールドジャケットです。

M-51の「51」は、採用された年を示しています。

このジャケットは、元々は寒冷地での作戦行動を目的としてデザインされ、防寒性と耐久性に優れています。

ロンドンの若者文化「モッズ」が愛用したことから、「モッズコート」という名前が定着しました。

 

デザインの特徴

M-51モッズコートの特徴的なデザインには、オーバーサイズのシルエット、フロントジッパーとスナップボタンの二重構造、取り外し可能なライナー、そして大きなフードが挙げられます。

このデザインは、防寒性を高めると同時に、現代のファッションにもマッチするスタイリッシュな要素を持っています。

色はオリーブドラブが一般的ですが、ブラックやカモフラージュ柄も人気があります​。

 

現代のファッションにおけるM-51

M-51モッズコートは、その機能性とスタイリッシュなデザインから、現代のファッションシーンでも高く評価されています。

無骨なデザインが、カジュアルなデニムスタイルやモードなスタイルにマッチしやすく、多くのブランドがM-51をベースにしたアイテムを展開しています。

特に、オーバーサイズのシルエットが現代のトレンドに合致しており、男女問わず多くのファッション愛好者に愛され続けています。

 

N-2Bフライトジャケット

N-2Bフライトジャケットは、その優れた防寒性能と独特のデザインから、ミリタリーファッションの定番アイテムとして知られています。

このジャケットは、アメリカ空軍の厳しい環境下での使用を想定して開発され、その機能性とスタイリッシュな外観が現代のファッションシーンでも高く評価されています。

 

歴史と背景

N-2Bフライトジャケットは、1950年代にアメリカ空軍で開発されました。

このジャケットは、極寒地での使用を目的として設計されており、特に寒冷地での飛行任務に従事するパイロットや地上クルーのために作られました。

N-2Bは、従来のフライトジャケットよりも短めの丈が特徴で、動きやすさと防寒性を両立させています​。

 

デザインの特徴

N-2Bフライトジャケットのデザインには、いくつかの特徴があります。

まず、フード付きで、防寒性を高めるためにフードにはファーがあしらわれています。

フードは、風や寒さから顔を守るために大きく、ジッパーで閉じることができます。

ジャケット全体は厚手のナイロン素材で作られており、中綿が詰められているため、非常に暖かいです。

さらに、フロントジッパーとスナップボタンの二重構造になっており、風の侵入を防ぎます。

 

現代のファッションにおけるN-2B

N-2Bフライトジャケットは、その独特のデザインと高い機能性から、現代のファッションシーンでも広く愛されています。

短めの丈とボリュームのあるシルエットが、カジュアルなデニムスタイルやストリートファッションにマッチしやすく、多くのブランドがN-2Bをベースにしたアイテムを展開しています。

また、その防寒性能から、冬のアウターとしても非常に人気があります。

 

BDUジャケット

BDUジャケットは、その高い耐久性と実用性から、軍用のみならずファッションアイテムとしても人気があります。

このジャケットは、様々な環境での使用を想定してデザインされており、カジュアルファッションにも取り入れやすいアイテムです。

 

歴史と背景

BDU(バトル・ドレス・ユニフォーム)ジャケットは、1981年にアメリカ軍で正式に採用されました。

BDUは、陸軍、海軍、空軍の戦闘服を統一するために開発され、特に陸軍の戦闘服として広く使用されました。

このジャケットは、その名の通り戦闘環境での使用を想定しており、高い耐久性と機能性が特徴です​。

 

デザインの特徴

BDUジャケットのデザインには、いくつかの特徴があります。

まず、4つの大型ポケットがフロントに配置されており、様々な物を収納するのに便利です。

また、リップストップ生地が使用されており、これはコットン、ナイロン、ポリエステル素材に格子状にナイロン繊維が縫い込まれた生地で、耐久性が非常に高く、裂けにくいのが特徴です。

また、フロントの比翼仕立てや、大きめの襟もこのジャケットの特徴的なデザイン要素です​。

 

現代のファッションにおけるBDU

BDUジャケットは、その機能性とスタイリッシュなデザインから、現代のファッションシーンでも高く評価されています。

特に、カモフラージュ柄はカジュアルなスタイルに取り入れやすく、多くのファッションブランドがBDUジャケットをベースにしたアイテムを展開しています。

また、女性らしいスカートやドレスと合わせることで、甘辛ミックスなコーディネートも可能です​。

 

ジャングルファティーグジャケット

ジャングルファティーグジャケットは、その軽量性と通気性の高さから、特に高温多湿な環境での使用に適しています。

このジャケットは、軍用として開発された背景を持ちながら、現代のファッションシーンでも広く愛されています。

 

歴史と背景

ジャングルファティーグジャケットは、1960年代初頭にアメリカ軍によってベトナム戦争で使用されるために開発されました。

このジャケットの正式名称は「コンバットトロピカルコート」であり、高温多湿なジャングル環境に対応するために設計されています。

通気性の良いコットンポプリン素材が使用され、暑さ対策として優れた性能を発揮しました​。

 

デザインの特徴

ジャングルファティーグジャケットのデザインは、実用性を重視しています。

特徴的な4つの大きなポケットがフロントに配置され、物の収納に便利です。

また、軽量で通気性の良いコットン素材が使われており、蒸れにくく、快適な着心地を提供します。肩や肘には補強が施されており、耐久性も高くなっています。

さらに、ジャングルファティーグジャケットには、独特のカモフラージュ柄が施されており、これがファッションアイテムとしての魅力を高めています​。

 

現代のファッションにおけるジャングルファティーグジャケット

ジャングルファティーグジャケットは、その軽量性とスタイリッシュなデザインから、現代のファッションシーンでも高く評価されています。

カジュアルなデニムスタイルやミリタリーファッションに取り入れやすく、多くのブランドがこのジャケットをベースにしたアイテムを展開しています。

特に、夏の軽いアウターとして最適であり、通気性の良さから涼しさを保ちながらもスタイリッシュに着こなせる点が魅力です。

 

スーベニアジャケットの魅力

スーベニアジャケットは、その独特のデザインと豊かな歴史背景から、ファッション界で広く認知されています。

このジャケットは、アメリカ軍の兵士たちが海外勤務中に購入し、帰国後に持ち帰った記念品としての役割を果たしており、日本では特に「スカジャン」として親しまれています。

 

歴史と背景

スーベニアジャケットは、第二次世界大戦後にアメリカ軍の兵士たちが日本やその他のアジア地域で購入したものが起源とされています。

兵士たちは任期を終えて帰国する際に、自分たちの駐屯地や戦闘部隊を記念するために、このようなカスタムメイドのジャケットをオーダーしました。

このジャケットには、各地域の特色を反映した刺繍やパッチが施されており、個々の兵士にとって特別な意味を持つアイテムとなっています。

 

デザインの特徴

スーベニアジャケットのデザインは非常に特徴的で、多くの場合、シルクやサテンの素材を使用しています。

ジャケットの前面や背面には、鷲や虎、竜、花などの華やかな刺繍が施されており、これらのデザインは購入された地域の文化や風景を反映しています。

また、リバーシブルデザインが多く、片面にはミリタリー風のシンプルなデザイン、もう片面には豪華な刺繍が施されていることが一般的です​。

 

現代のファッションにおけるスーベニアジャケット

スーベニアジャケットは、そのユニークなデザインと歴史的背景から、現代のファッションシーンでも高く評価されています。

特にストリートファッションやカジュアルスタイルで人気があり、個性的なアイテムとして多くのブランドがリリースしています。

また、男女問わず多くのファッション愛好者に愛されており、デニムやスカート、ワイドパンツなど様々なスタイルに合わせやすいです​。

 

N-1デッキジャケット

N-1デッキジャケットは、その優れた防寒性能と耐久性から、ミリタリーファッションの定番アイテムとして広く愛用されています。

このジャケットは、アメリカ海軍の厳しい環境下で使用するために開発され、その実用性とデザインが現代のファッションシーンでも高く評価されています。

 

歴史と背景

N-1デッキジャケットは、1940年代にアメリカ海軍によって開発されました。

このジャケットは、海軍の甲板作業員が寒冷地での作業時に着用することを目的として設計されました。

N-1デッキジャケットは、寒風や雨から作業員を守るための高い防寒性能を持ち、長時間の過酷な作業環境でも快適に過ごせるように作られています​。

 

デザインの特徴

N-1デッキジャケットのデザインには、実用性と耐久性が重視されています。

厚手のコットンキャンバス地が使用され、裏地にはウールが使われているため、非常に暖かいです。

フロントはジッパーとボタンの二重構造になっており、風の侵入を防ぎます。

襟にはボアが付いており、首元の保温性も確保されています。

袖口と裾にはリブニットが使用されており、これも冷気の侵入を防ぐ設計です​。

 

現代のファッションにおけるN-1デッキジャケット

N-1デッキジャケットは、そのクラシックで無骨なデザインが現代のファッションシーンでも高く評価されています。

シンプルでありながらも機能的なデザインが、カジュアルなデニムスタイルやミリタリーファッションにマッチしやすく、多くのブランドがN-1をベースにしたアイテムを展開しています。

特に冬のアウターとして、その防寒性能が高く評価され、男女問わず多くのファッション愛好者に愛されています。

 

A-2レザーフライトジャケット

A-2レザーフライトジャケットは、そのクラシックなデザインと耐久性から、現在でもファッションアイテムとして高く評価されています。

元々はアメリカ陸軍航空隊のパイロットのために開発されたこのジャケットは、その歴史的背景とともに、多くの人々に愛されています。

 

歴史と背景

A-2レザーフライトジャケットは、1931年にアメリカ陸軍航空隊で正式に採用されました。

このジャケットは、第二次世界大戦中にパイロットやクルーが着用していたことで有名です。

丈夫なホースハイドやゴートスキンが使用され、風や寒さから身を守るための機能が充実しています。

A-2レザーフライトジャケットは、その後のフライトジャケットのデザインの基礎を築き、多くのファッションブランドがこのクラシックなスタイルを再現しています​。

 

デザインの特徴

A-2レザーフライトジャケットのデザインは、シンプルでありながらも洗練されています。

特徴的なポイントには、リブニットの襟、袖口、ウエストバンドが挙げられます。

これにより、風の侵入を防ぎ、暖かさを保つことができます。

また、フロントにはボタン留めのストームフラップ付きジッパーがあり、風雨からの保護が強化されています。

さらに、大きなフラップポケットが2つ配置されており、実用性も兼ね備えています​。

 

現代のファッションにおけるA-2レザーフライトジャケット

A-2レザーフライトジャケットは、そのクラシックでエレガントなデザインが現代のファッションシーンでも高く評価されています。

多くのブランドがA-2レザーフライトジャケットをベースにしたレプリカを展開しており、そのヴィンテージ感と高級感が人気の理由です。

カジュアルなデニムスタイルや、スラックスとのコーディネートにもマッチしやすく、男女問わず多くのファッション愛好者に愛されています​。

 

 

CWU-45/P フライトジャケット

CWU-45/Pフライトジャケットは、1970年代にアメリカ空軍で採用され、その高い機能性と耐久性から現在も多くのファッション愛好者に愛され続けているアイテムです。

このジャケットは、極寒の環境での使用を想定して設計されており、そのデザインと実用性が高く評価されています。

 

歴史と背景

CWU-45/Pフライトジャケットは、1970年代にアメリカ空軍のパイロットやクルーのために開発されました。

前身のMA-1ジャケットの後継モデルとして、さらに改良が加えられ、特に防寒性能が強化されています。

このジャケットは、寒冷地での任務に対応するために設計され、パイロットの安全と快適さを確保するための様々な機能が盛り込まれています。

 

デザインの特徴

CWU-45/Pフライトジャケットのデザインには、機能性と耐久性が重視されています。

厚手のナイロン素材が使用されており、耐風性と防水性に優れています。

また、フロントジッパーとベルクロの二重構造になっており、風の侵入を防ぎます。

ジャケット内部には中綿が詰められており、寒冷地での防寒性を高めています。

襟にはフリースが使用されており、首元の保温性も確保されています。

 

現代のファッションにおけるCWU-45/P

CWU-45/Pフライトジャケットは、そのシンプルでスタイリッシュなデザインから、現代のファッションシーンでも高く評価されています。

無骨なデザインと高い機能性が、カジュアルなデニムスタイルやミリタリーファッションにマッチしやすく、多くのブランドがこのジャケットをベースにしたアイテムを展開しています。

また、その防寒性から冬のアウターとしても非常に人気があり、男女問わず多くのファッション愛好者に愛されています​。

 

タンカースジャケット

タンカースジャケットは、その優れた防寒性能と耐久性から、ミリタリーファッションの定番アイテムとして広く認知されています。

このジャケットは、第二次世界大戦中にアメリカ陸軍の戦車兵向けに開発され、その機能性とデザインが現代でも高く評価されています。

 

歴史と背景

タンカースジャケットは、第二次世界大戦中の1940年代にアメリカ陸軍によって開発されました。

正式名称は「ウインターコンバットジャケット」といい、主に戦車兵の冬季用防寒服として使用されました。

狭い戦車内での動きやすさと耐久性を兼ね備えたデザインが特徴です。

戦車内の限られたスペースと急激な温度変化に対応するために、軽量でありながら高い保温性を持つよう設計されています。

 

デザインの特徴

タンカースジャケットのデザインは、シンプルでありながらも機能的です。

外側は耐久性のある厚手のコットン素材で作られており、内側にはブランケット調の起毛した裏地が使用されています。

これにより、非常に暖かく、風を防ぐ効果も高いです。フロントはジッパーとボタンの二重構造で、風の侵入を防ぎます。

また、肩周りにはアクションプリーツが施されており、動きやすさを確保しています。

袖口と裾にはリブニットが使用されており、冷気の侵入を防ぐ設計となっています。

 

現代のファッションにおけるタンカースジャケット

タンカースジャケットは、そのクラシックで無骨なデザインが現代のファッションシーンでも広く愛用されています。

カジュアルなデニムスタイルやミリタリーファッションにマッチしやすく、多くのブランドがタンカースジャケットをベースにしたアイテムを展開しています。

特にヴィンテージスタイルの復刻版や映画「タクシードライバー」でロバート・デ・ニーロが着用したモデルなどが人気です。

冬のアウターとして、その防寒性能が高く評価され、男女問わず多くのファッション愛好者に支持されています​。

 

まとめ:長い歴史と高い機能性を備えたミリタリージャケット

ミリタリージャケットは、その機能性とデザイン性から、長い歴史を持ちながらも現代のファッションシーンで幅広く愛用されています。

この記事では、代表的なミリタリージャケットの種類について詳しく解説しました。

 

各ジャケットは、それぞれの歴史的背景とデザインがあり、どれもが個性的で高い機能性を備えています。

これらのジャケットを理解し、取り入れることで、ファッションの幅が広がり、自分らしいスタイルを楽しむことができます。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-WEARBRARY

© 2024 IDEALVINCI