コンテンツ

BAMBOO SHOOTSとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. コンテンツ >

BAMBOO SHOOTSとは?【ブランドリリース】

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

都市の喧騒から逃れつつも自然と共に生きるライフスタイルを提案するブランド、「BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)」。

その独自のコンセプトとビジョンには、アウトドアの機能性と都会のファッション性を見事に融合させる工夫が詰まっています。

本記事では、BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)が提唱するコンセプトと、それがどのように具体化されているのか、またブランドが描く未来のビジョンについて詳しくご紹介します。

 

創業者の甲斐一彦氏が掲げる「アウトドアと都市生活の融合」というコンセプトは、ただ単にデザインや機能性に優れたアイテムを提供するだけでなく、消費者の日常生活に新しい価値をもたらすことを目指しています。

中目黒の自然豊かなロケーションから発信されるこのブランドは、都会にいながら自然を感じられる瞬間を提供することに重きを置いています。

 

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のビジョンは、「都市と自然の境界を超え、日常にアウトドアのエッセンスを取り入れること」です。

このビジョンは、日々の生活においてもアウトドアの楽しさや快適さを実感できるアイテムを作り続けるという信念に基づいています。

 

それでは、BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のコンセプトとビジョンが具体的にどのように具現化されているのか、その詳細をご紹介していきます。

 

ブランドの背景と歴史

ブランド誕生と初期

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、1998年に東京・中目黒の目黒川沿いにオープンしました。

当時、ファッションエリアの渋谷や原宿から少し離れた場所に店を構えることは珍しく、この決断は「都会の中で自然を感じられる場所を選びたい」というアイデアからでした。

目黒川沿いの約15坪のコンパクトな店舗で、特にアウトドアファッション好きにとって聖地のような存在となっています。

 

創業者とブランドの成長

創業者である甲斐一彦氏は、もともと渋谷で古着屋の店員をしていましたが、WILD THINGSを中心としたアメリカンブランドの代理店であるSAWS COMPANYに入社し、BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)の店長に抜擢されました。

オープン当初から扱っていた商品ラインナップは、現在とほぼ変わらず、GRAMICCIやCHUMS、MOON STONEなどのアウトドアブランドを取り扱っています。

 

顧客との関係性

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、少しマニアックな商品構成と独特なショップの雰囲気で、顧客からも愛されています。

特に、「知識合戦」を挑むような熱心な顧客が多く、ショップスタッフは顧客とのコミュニケーションを通じてアウトドアの知識を深めていきました。

また、甲斐氏自身も顧客に誘われてクライミングに行くなど、リアルアウトドア体験を重ねてきました。

 

ブランドの進化とオリジナルプロダクト

2013年にはオリジナルブランドの展開を開始し、シャンブレーシャツを店頭のみで販売しました。

その後、2016年にラインナップを揃えて再スタートしました。

現在のクリエイティブディレクターである石野亜童氏の協力を得て、ブランド全体のビジュアルやカタログ作成、プロダクトの方向性を見直し、2021年に新生BAMBOO SHOOTSブランドとしてリスタートしました。

 

中目黒とブランドのアイデンティティ

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は「アウトドア生まれ、中目黒育ち」という独自のアイデンティティを持っています。

このフレーズは、アウトドアフィールドで培われたディテールと、中目黒の独特な街の雰囲気を融合させたプロダクト作りを表現しています。

シンプルながらも機能的なアイテムを中心に展開し、アウトドアスタイルと都市生活の両方に対応できる服作りを目指しています​。

 

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、中目黒で生まれ育ったアウトドアウェアブランドとして、20年以上にわたり独自のスタイルと品質を提供し続けています。

創業者の甲斐一彦氏のビジョンと、クリエイティブディレクター石野亜童氏の協力により、ブランドは常に進化を遂げ、顧客との強い絆を築いてきました。

これからも「都会の中の小さな自然」として、多くの人々に愛され続けることでしょう。

 

デザインの特徴とスタイル

デザイン哲学とスタイル

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のデザインは、アウトドアと都市生活の両方に適応することを目指しています。

このブランドは、アウトドアウェアの機能性を保ちながらも、都会での使用にも適したスタイリッシュなデザインを提供しています。

そのため、ブランドのアイテムは、自然の中でも街中でも快適に着られるように設計されています。

 

素材と技術の融合

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のデザインの特徴は、厳選された素材と最新の技術の融合です。

例えば、2022年秋冬コレクションでは、イズネスとのコラボレーションで、セットアップをテーマにしたアイテムが発表されました。

このコレクションでは、「杢キャンバス」と「モールスキン」という二つの異なる素材を使用し、機能性とデザイン性を両立させています​。

 

定番アイテムと新しい提案

ブランドの定番アイテムには、シンプルで長持ちするデザインが多く、例えば、シャンブレーシャツやファティーグパンツなどがあります。

シャンブレーシャツは、1950年代の古着を参考にしており、タテ糸とヨコ糸にデニムを使用することで、耐久性と風合いを兼ね備えたアイテムとなっています。

また、ファティーグパンツは、軍用パンツのデザインをベースにしつつ、現代のスタイルに合わせて改良されています。

 

アウトドアへのこだわり

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、アウトドア活動から得た経験と知識をデザインに反映させています。

例えば、2021年のテーマ「バックパッカー」では、MOUNTAIN RESEARCHの小林節正氏とのコラボレーションにより、背中のジップを開けることでバックパックの上からも着用できる「インパーテッドプリーツ」が施されたマウンテンパーカを展開しました。

このように、実際のアウトドア経験を基にした独自の機能が盛り込まれています​。

 

スタイルの多様性

ブランドのスタイルは多岐にわたり、カジュアルなスウェットシリーズから機能的なアウターウェアまで幅広く取り揃えています。

春夏コレクションでは、軽量で動きやすいスウェットやカットソーが人気で、寒い季節には暖かさとスタイルを両立させたインサレーションベストなどがラインナップに加わります。

 

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のデザインは、アウトドアと都市生活の双方での使用を前提に設計されており、厳選された素材と独自の技術が特徴です。

定番アイテムと新しい提案を組み合わせることで、多様なスタイルを提供し続けています。実際のアウトドア経験を反映した機能性とデザイン性が高く評価されており、今後も進化し続けるブランドとして注目されています。

 

コンセプトとビジョン

ブランドのコンセプト

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のコンセプトは、「アウトドアと都市生活の融合」です。

このブランドは、アウトドアの機能性と都会のファッション性を兼ね備えたアイテムを提供することを目指しています。

BAMBOO SHOOTSは、都市の喧騒から逃れつつも、自然と共に生活するスタイルを提案しています。

これは、東京・中目黒という都会の一角にありながら、目黒川沿いの自然を感じられるロケーションに店舗を構えていることにも表れています​。

 

ブランドのビジョン

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のビジョンは、「都市と自然の境界を超え、日常にアウトドアのエッセンスを取り入れること」です。

このビジョンは、ブランドの創業者である甲斐一彦氏のアウトドアに対する深い愛情と、都市生活への理解から生まれました。

甲斐氏は、アウトドアブランドの中でも特に「機能美」を重視し、そのデザインを日常生活に取り入れることで、ユーザーに新しいライフスタイルを提供し続けています。

 

具体的な取り組み

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、アウトドアギアとしての高い機能性を保ちながらも、都会での使用にも適したスタイリッシュなデザインを追求しています。

例えば、シンプルながらも機能的なシャンブレーシャツや、ミリタリーパンツのディテールを取り入れたファティーグパンツを展開し、多くのファッション愛好者に支持されています。

また、コラボレーションにも積極的で、イズネスやMOUNTAIN RESEARCHとの共同プロジェクトを通じて、独自のスタイルを確立しています​。

 

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、アウトドアと都市生活の融合をテーマに、高機能かつスタイリッシュなアイテムを提供するブランドです。

そのコンセプトとビジョンは、創業者の甲斐一彦氏の信念と情熱に根ざしており、持続可能な未来を見据えた取り組みを続けています。

今後も、都市と自然の境界を超える新しいライフスタイルを提案し、多くの人々に愛されるブランドであり続けることでしょう。

 

まとめ:BAMBOO SHOOTS ブランドリリース

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、アウトドアと都市生活を巧みに融合させたブランドとして、その独自のコンセプトとビジョンで多くのファンを魅了しています。

創業者の甲斐一彦氏の信念に基づく「アウトドアと都市生活の融合」というコンセプトは、自然の機能性と都会のスタイルを兼ね備えたアイテムを提供し、消費者の日常に新しい価値をもたらします。

 

また、持続可能な素材の使用や環境への配慮を重視し、長く愛用できる高品質な製品を通じてエコロジカルな視点からもブランド価値を高めています。

BAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)のビジョンは、都市と自然の境界を超えた新しいライフスタイルを提案し、より豊かな生活を実現することにあります。

 

これからもBAMBOO SHOOTS(バンブーシュート)は、そのコンセプトとビジョンを追求し続け、多くの人々に愛されるブランドであり続けることでしょう。

都市の中で自然を感じながら、アウトドアの楽しさと快適さを日常に取り入れることができる、そんな魅力的なライフスタイルを提供し続けます。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-コンテンツ

© 2024 IDEALVINCI