ブランドリリース

REGALとは?【ブランドリリース】

2024年7月1日

※アフィリエイト広告を利用しています。

PICK UP|ファッションニュース

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

バイヤーズガーメントは「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなファッションやライフスタイルを提案するブランド古着専門のオンラインショップです。

公式オンラインショップはこちら

 

▼白Tシャツ専門ブランド【Cov】はコチラ▼

 
こだわり抜いたMade in Japan白Tシャツ:1枚19,800円(税込)
 
 

▼UWear(ユーウェア)はコチラ▼

 
スタイリストのメンズファッションコーデを月額6,800円(税込7,480円)からサブスクレンタル

 

▼SPU スタイルアップ便はコチラ▼

 
スタイリスト厳選コーデが毎月届くサブスクサービス
 
 

▼ビズ服|bizfukuはコチラ▼

 
オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのメンズコーディネートレンタルサービス

 

  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

REGALとは?【ブランドリリース】

2024年7月1日

REGAL

日本を代表する革靴ブランド「REGAL(リーガル)」は、フォーマルからカジュアルまで幅広いスタイルと高品質な素材を用いた製品で多くの人々に愛されています。

この記事では、REGAL(リーガル)の革靴のデザインの特徴とスタイルについて詳しくご紹介します。

長い歴史を持つこのブランドがどのようにして日本市場にフィットする靴を提供し続けているのか、その魅力を解説します。

 

REGALの起源と歴史

起源と創業

「REGAL(リーガル)」の歴史は、日本の製靴産業の発展とともに歩んできました。

1870年(明治3年)、西村勝三が設立した「伊勢勝造靴場」が、日本初の製靴会社としてその礎を築きました​。

その後、1902年に「日本製靴株式会社」が設立され、これが現在のリーガルコーポレーションの創業となり前身となります。

 

発展とブランドの確立

1961年、日本製靴はアメリカのブラウン社と技術提携を結び、「リーガル」ブランドの製造を開始しました。

この提携により、高品質な革靴が日本市場に導入され、ブランドの信頼性と認知度が急速に高まりました。

1970年には東京駅八重洲口に初の直営店「リーガルシューズ」がオープンし、アメリカンスタイルのシューズショップとして新たな歴史を刻み始めました​。

 

ブランドの拡大と多様化

1970年代には、ローファーの定番モデルNo.2177の発売をはじめとし、婦人靴の生産も開始されました。

また、リーガルスニーカー「テニス」が大ヒットするなど、製品ラインアップの多様化が進みました。

 

1990年には日本製靴株式会社がブラウン社から「リーガル」の商標権を取得し、社名を「リーガルコーポレーション」に変更しました。

これにより、ブランド名が社名に冠される形となり、ブランドの一体感が強化されました​。

 

現代のリーガル

2000年代以降も、REGAL(リーガル)はブランドの再構築や新ロゴの導入、フラッグシップストアのオープンなど、革新的な取り組みを続けています。

2004年には東京・銀座にフラッグシップストア「REGAL TOKYO」を開店し、オーダーメイドシューズなどを提供することで顧客層を拡大しました​。

 

2018年には「Good Shoes, Good Foot. by REGAL」というコンセプトショップを東京・丸の内にオープンし、働く女性の足元を美しくすることを目的とした製品を展開しています。

 

REGAL(リーガル)は、長い歴史と確かな技術を持つ日本のトップ革靴ブランドとして、今なお高品質な製品を提供し続けています。

その成長の背景には、日本市場のニーズに応じた製品開発と、ブランド価値の向上に向けた絶え間ない努力があります。

REGAL(リーガル)の革靴は、日本人の足の形に最適化されたデザインと優れた履き心地で、多くの人々に愛され続けています​。

 

REGALの創業者について

西村勝三の生涯と業績

西村勝三(にしむら かつぞう)は、1837年1月15日(天保7年12月9日)に江戸藩邸内で佐野藩士の三男として生まれました。

幕末から明治時代にかけて、日本の製靴産業の基盤を築いた実業家であり、「リーガル」ブランドの創業者として知られています。

 

幼少期と教育

西村勝三は幼少期から佐野藩の藩校で学びましたが、16歳の時に長崎海軍伝習所に入学を志すも、落選し脱藩しました。

その後、1865年に日本橋で鉄砲店を開き、伊勢屋勝三と名乗るようになりました。

 

製革・製靴事業の開始

1870年、西村勝三は軍用靴の製造を目的として製革・製靴事業を開始しました。

これが後の「リーガル」ブランドの起源となります。

その後、1871年には東京・築地で靴下製造業を始め、日本初の洋裁技術を持つ裁縫師を招いて技術を導入しました​。

 

日本製靴株式会社の設立

1902年、複数の企業の製靴部門を統合し、「日本製靴株式会社」を設立しました。

この会社が現在のリーガルコーポレーションの前身です。

西村勝三はここで、製靴業を中心に多くの事業を展開し、日本の製靴産業の発展に大きく貢献しました。

 

晩年と遺産

西村勝三は1907年に盲腸炎のため70歳で亡くなりましたが、彼の業績は日本の製靴産業に多大な影響を与えました。

また、彼の息子たちもそれぞれが事業を継承し、日本の産業発展に寄与しました​。

 

西村勝三の不屈の精神と先見性は、リーガルブランドの基礎を築き、日本の革靴産業に新しい風を吹き込みました。

現在もREGAL(リーガル)は高品質な製品を提供し続け、日本トップの革靴ブランドとしての地位を確立しています。

 

西村勝三の業績は、リーガルブランドの成功と日本の製靴産業の発展に欠かせないものであり、彼の名前は今後も長く語り継がれることでしょう。

 

REGALのデザインの特徴とスタイル

フォーマルなデザイン

REGAL(リーガル)の革靴は、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。

例えば、ストレートチップは最もフォーマルなデザインで、シンプルなシルエットと約5mmのハイリフトヒールがエレガントな雰囲気を演出します。

このデザインはビジネスやセレモニーなど、フォーマルなシーンに最適です​。

 

カジュアルなデザイン

カジュアルなシーンに適したデザインも豊富に揃っています。

例えば、Uチップは甲の切り替えがU字型になっており、カジュアルな装いにも合わせやすいです。

また、オイルレザーを採用しているため、経年変化も楽しむことができます​。

 

多様なスタイル

REGAL(リーガル)の革靴は多様なスタイルを展開しています。例えば、ウイングチップは爪先の切り替えが翼のような形をしており、華やかでクラシックな雰囲気を演出します。

また、ダブルモンクストラップは爪先部分に2本のバックルストラップがあり、クラシックでありながらも洗練されたデザインで、紐での調整の必要がないため着脱が容易です。

 

日本人の足に合ったフィッティング

REGAL(リーガル)の革靴は、日本人の足の形に合わせてデザインされています。

長い間日本市場向けに革靴を製造してきた結果、他のブランドよりも日本人の足の形を熟知しており、快適な履き心地を提供します。

例えば、革靴の甲に柔らかい革を使い、足を柔らかく包み込むような感触を実現しているモデルもあります。

 

高品質とリーズナブルな価格

REGAL(リーガル)の革靴は、高品質でありながらリーズナブルな価格が特徴です。

熟練の職人が手塗りで染め上げることで、ムラ感の美しい革靴が完成します。

同じ染め上がりはなく、世界に一つだけの革靴としての価値も提供しています。

 

REGAL(リーガル)の革靴は、フォーマルからカジュアルまで幅広いスタイルを展開し、日本人の足に合わせたフィッティングと高品質な素材を使用しています。

リーズナブルな価格で提供されるため、多くの人々に愛され続けています。

革靴選びの際には、シーンに応じたデザインとフィッティングを重視して選ぶことが重要です​。

 

REGALの代表的なモデルと特徴

ストレートチップ

最もフォーマルなデザインで、シンプルで洗練されたシルエットが特徴。

約5mmのハイリフトヒールによりエレガントな雰囲気を演出。ビジネスやセレモニーなど、フォーマルなシーンに最適です。

 

Uチップ

甲の切り替えがU字型になったデザインが特徴。デイリーに履けるレザーシューズで、カジュアルな装いにも相性が良い。

オイルレザーを採用しているため、革の風合いや経年変化も楽しめます。

 

ウイングチップ

爪先の切り替えが翼のような形をしており、華やかでクラシックな雰囲気を演出。

フランスの名門アノネイ社のカーフレザーを使用し、底材にも革を使用しているREGALの最上位モデルです​。

 

ダブルモンクストラップ

爪先部分に2本のバックルストラップがあるのが特徴。

クラシックでありながらも洗練されたデザインで、紐での調整の必要がないため着脱が容易です。

スクラッチタフレザーを使用しており、耐久性にも優れています​。

 

ローファー

簡便に履けるデザインで、あらゆるシーンで履かれるポピュラーなシューズ。

グッドイヤーウェルト製法で作られており、長年履き続けることができます。

履き始めは革が固いですが、次第に足に馴染んできます​。

 

プレーン・トウ

装飾のないシンプルなデザインで、履きシワになりにくい美しいレザーを使用。

軽量で屈曲性が高く、快適な履き心地が特徴です。

柔らかな丸みを持ったつま先が、シャープすぎないデザインを好む人に適しています。

 

スワールトウ

爪先のデザインが特徴的なスワールトウは、エレガントでありながらもカジュアルな装いにもマッチするデザインです。

スクラッチタフレザーを使用し、耐久性とスタイルを両立しています​。

 

レザースニーカー

柔らかさと軽さを追求し、快適さにこだわったデザイン。

革靴の甲に柔らかい革を使い、足を柔らかく包み込むような感触と、履きジワができにくいのが特徴です。

長距離を歩いても疲れにくく、毎日1万歩以上歩く人におすすめです。

 

これらの代表的なモデルは、REGALの多様なデザインと高品質な製品を象徴しており、フォーマルからカジュアルまで幅広いシーンで活躍します。

 

まとめ:REGAL ブランドリリース

REGAL(リーガル)の革靴は、シンプルで洗練されたデザインからカジュアルで実用的なデザインまで、多様なスタイルを展開しています。

特に、日本人の足に合わせたフィッティングと高品質な素材を用いた製品は、多くの人々に愛されています。

また、リーズナブルな価格で提供されることも魅力の一つです。

 

長い歴史を持つリーガルは、これからも日本市場に最適な靴を提供し続けるでしょう。

この記事で紹介した特徴やスタイルを参考に、最適なリーガルの革靴を見つけてください。

 

REGAL(リーガル)についてより詳しく知りたい方はこちらもチェック

 

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース