ブランドリリース

VISION STREET WEARとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。

PICK UP|ファッションニュース

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

バイヤーズガーメントは「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなファッションやライフスタイルを提案するブランド古着専門のオンラインショップです。

公式オンラインショップはこちら

 

▼白Tシャツ専門ブランド【Cov】はコチラ▼

 
こだわり抜いたMade in Japan白Tシャツ:1枚19,800円(税込)
 
 

▼UWear(ユーウェア)はコチラ▼

 
スタイリストのメンズファッションコーデを月額6,800円(税込7,480円)からサブスクレンタル

 

▼SPU スタイルアップ便はコチラ▼

 
スタイリスト厳選コーデが毎月届くサブスクサービス
 
 

▼ビズ服|bizfukuはコチラ▼

 
オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのメンズコーディネートレンタルサービス

 

  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

VISION STREET WEARとは?【ブランドリリース】

VISION STREET WEAR

ストリートファッションの中で際立つ存在感を放つブランド「VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)」。

1976年にカリフォルニア州オレンジカウンティで誕生したこのブランドは、スケートボードカルチャーと音楽カルチャーを融合させた革新的なデザインで、多くのファンを魅了してきました。

この記事では、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)の歴史と成長、そしてデザインの特徴とスタイルについてご紹介します。

 

VISION STREET WEARの起源と歴史

ブランドの誕生

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、1976年にアメリカで誕生しました。

当初はスケートボードカルチャーに特化したアパレルブランドとしてスタートし、スケーターたちの間で急速に人気を集めました。

独自のデザインと高い機能性が特徴であり、ストリートファッションの象徴的な存在となりました。

 

1980年代の成長

1980年代に入ると、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)はさらに成長を遂げました。

この時期には、スケートボードだけでなく、BMXやグラフィティアートなど、他のストリートカルチャーにも深く関わるようになりました。

特に「Suede High-Top Sneaker」は、スケートシューズとして高い評価を受け、多くのスケーターに愛用されました。

 

日本市場への進出

1990年代には、日本市場にも進出し、多くの日本人スケーターやファッション愛好者から支持を受けました。

日本では、独自のストリートカルチャーとの融合が進み、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)のデザインがより多様化しました。

特に、アーティストやデザイナーとのコラボレーションが話題となり、ブランドの認知度をさらに高めました。

 

2000年代以降の展開

2000年代に入ると、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)はさらにブランドの幅を広げ、ファッションブランドとしての地位を確立しました。

この時期には、スケートボードやストリートカルチャーだけでなく、音楽やアートシーンとも密接に関わるようになりました。

また、ヴィンテージスタイルの復刻や新しいデザインの導入など、常に新しい試みを行っています。

 

現在のブランド展開

現在、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は世界中で展開されており、多くのファンを持つグローバルブランドとなっています。

スケートボードシーンでの支持はもちろん、ストリートファッションのアイコンとしても広く認知されています。

特に若者の間で人気が高く、そのデザインやコンセプトは今もなお多くの人々に影響を与え続けています。

 

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、スケートボードカルチャーから始まり、多くのストリートカルチャーと融合しながら進化を遂げてきました。

その独自のデザインと高い機能性は、多くのファンを魅了し続けています。

 

創業者ブラッド・ドーフマンについて

ブラッド・ドーフマンの背景

ブラッド・ドーフマン(Brad Dorfman)は、1976年にカリフォルニア州オレンジカウンティでVISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)を創業しました。

ドーフマンは、スケートボードカルチャーが単なる趣味ではなく、ライフスタイルやファッションとしての価値を持つことを確信していました。

そのビジョンに基づき、彼はスケートボードブランドとしてのVISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)を立ち上げました。

 

ブランドの成長と影響

ドーフマンのリーダーシップの下、ブラッド・ドーフマン(Brad Dorfman)は急速に成長しました。

特に1980年代から1990年代にかけて、スケートボードシューズやアパレルで革新的なデザインを導入し、多くのスケートボーダーやファッション愛好者に支持されるようになりました。

彼の革新的なアプローチは、スケートボードカルチャーをファッションのメインストリームへと押し上げる大きな要因となりました。

 

VISION STREET WEARのデザインの特徴とスタイル

大胆なデザインとグラフィック

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)の最大の特徴は、その大胆なデザインとグラフィックです。

ブランドのアイテムには、スケートボードカルチャーと密接に結びついたユニークなアートワークが施されており、視覚的なインパクトが強いデザインが多く見られます。

特に、Tシャツやシューズにはヴィンテージ感漂うプリントやグラフィックが多用され、ストリートスタイルを再定義する要素となっていますす。

 

カラーバリエーションと素材へのこだわり

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、カラーバリエーションが豊富で、どの世代にも受け入れられる多様な色使いが特徴です。

特に、スニーカーやアパレルには、鮮やかな色合いやパターンが取り入れられており、個性を引き立てるデザインが多く見られます。

また、素材にもこだわりがあり、高い強度と耐久性を誇るキャンバス地や、エイジング効果を楽しめる生地が使用されています。

 

ストリートと音楽カルチャーの融合

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、スケートボードカルチャーと音楽カルチャーの融合を目指したブランドとして知られています。

ブランドの成長過程では、音楽とスケートボードのイベントを開催し、その中で数々のアーティストとのコラボレーションを行ってきました。

特に、パンクロックやヒップホップの影響を受けたデザインが多く、音楽とストリートスタイルのシナジーを生み出しています​。

 

機能性とファッション性の両立

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)のアイテムは、デザインだけでなく機能性にも優れています。

特にスニーカーは、スケートボード用に設計されており、高い耐久性と衝撃吸収性を備えています。

例えば、インソールには低反発素材とラテックスの2層構造を採用し、強い衝撃にも対応できる仕様となっています。

また、アパレルにおいても、動きやすさとスタイルを兼ね備えたデザインが多く見られます​。

 

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、その大胆なデザインとグラフィック、豊富なカラーバリエーション、ストリートと音楽カルチャーの融合、そして機能性とファッション性の両立が特徴のブランドです。

1976年の創業以来、スケートボードカルチャーの象徴的な存在として、多くのファンを魅了し続けています。

 

まとめ:VISION STREET WEAR ブランドリリース

ブラッド・ドーフマンが創設したVISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、スケートボードカルチャーと音楽カルチャーを巧みに融合させたブランドとして、1976年の誕生以来、多くのファンに愛され続けています。

革新的なデザインと強いビジョンは、ストリートファッションの枠を超え、世界中で認知される存在となりました。

VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、大胆なグラフィックやユニークなアートワークで、ストリートスタイルを再定義しました。

 

ブランドの特徴である豊富なカラーバリエーションや高い耐久性を持つ素材の使用、そして音楽やアートとの積極的なコラボレーションは、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)の独自性を際立たせています。

特に、スニーカーのデザインにおいては、機能性とファッション性の両立を実現し、多くのスケートボーダーやファッション愛好者から高い評価を受けています。

 

現在もなお、VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は時代と共に進化し続け、EDMアーティストのスティーヴ・アオキとのコラボレーションなど、新たな試みを続けています。

ブラッド・ドーフマンのビジョンと情熱は、今もなおブランドの根幹を支え、多くのファンに影響を与え続けています。

これからもVISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)は、ストリートファッションのアイコンとして、その独自のスタイルを発信し続けることでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース