ブランドリリース

Tricker'sとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。

PICK UP|ファッションニュース

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

バイヤーズガーメントは「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなファッションやライフスタイルを提案するブランド古着専門のオンラインショップです。

公式オンラインショップはこちら

 

▼白Tシャツ専門ブランド【Cov】はコチラ▼

 
こだわり抜いたMade in Japan白Tシャツ:1枚19,800円(税込)
 
 

▼UWear(ユーウェア)はコチラ▼

 
スタイリストのメンズファッションコーデを月額6,800円(税込7,480円)からサブスクレンタル

 

▼SPU スタイルアップ便はコチラ▼

 
スタイリスト厳選コーデが毎月届くサブスクサービス
 
 

▼ビズ服|bizfukuはコチラ▼

 
オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのメンズコーディネートレンタルサービス

 

  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

Tricker'sとは?【ブランドリリース】

Tricker's

Tricker's(トリッカーズ)は、英国の伝統と品質を象徴する靴ブランドとして知られています。

1829年にジョセフ・トリッカーによって創立され、現在まで続くその歴史の中で、多くのファッションアイコンや英国王室からも愛され続けてきました。

この記事では、Tricker's(トリッカーズ)のデザインの特徴とスタイルについて詳しくご紹介します。

 

Tricker'sの起源と歴史

創業と初期の歴史

1829年、ジョセフ・トリッカー(Joseph Tricker)がイングランドのノーサンプトンでR.E. Tricker Ltdを創立しました。

当初は紳士靴やカントリーブーツの製造を主とし、高品質な靴作りで知られるようになりました。

Tricker's(トリッカーズ)は、農地や不動産を所有する紳士階級向けに靴を提供していたことで、その評判を高めました。

 

王室御用達ブランドとしての成長

Tricker's(トリッカーズ)は、その卓越した品質と伝統的な製法で多くの顧客を魅了し、1937年にはジョージ6世にSTOW(ストウ)ブーツを献上したことでも知られています。

また、Tricker's(トリッカーズ)の製品はエリザベス女王やエジンバラ公、チャールズ皇太子など、イギリス王室にも愛用されており、ロイヤルワラント(王室御用達)の称号を授与されました​。

 

ベンチメイド製法と品質へのこだわり

Tricker's(トリッカーズ)は、260以上の工程を経て一足の靴を作り上げる「ベンチメイド製法」を採用しています。

この手法では、一人の職人が最初から最後まで靴を作り上げるため、職人の技術と責任感が凝縮された製品が生まれます。

この製法により、Tricker's(トリッカーズ)の靴は個体ごとに微妙な違いがあり、それがまた手作りの魅力となっています。

 

ノーサンプトンの工場と現代

1904年、ノーサンプトンのセント・マイケルス通りに新工場を設立し、現在も同じ場所で生産を続けています​。

この工場では約90人の職人が伝統的な手作業を駆使して靴を製造しており、グッドイヤーウェルト製法など、伝統的な技術が今も受け継がれています​。

 

家族経営の継承

グッドイヤーウェルト製法は、創業から現在に至るまで、一族によって経営が継承されてきました。

現在、4代目のドン・トリッカーとその息子ニコラスがブランドを運営しており、伝統と革新を融合させた製品作りを続けています。

 

トリッカーズの代表的な製品

Tricker's(トリッカーズ)の代表的な製品には、STOW(ストウ)ブーツやBOURTON(バートン)などがあります。

これらの製品は、武骨なデザインと耐久性が特徴で、ハンティングやアウトドアシーンでの使用に適しています。

特にダブルソールを採用したカントリーシューズは、その堅牢さと快適さで広く愛されています​。

 

Tricker's(トリッカーズ)は、1829年の創業以来、高品質な紳士靴を作り続け、王室御用達ブランドとしてその地位を確立してきました。

家族経営の伝統と職人技の融合により、Tricker's(トリッカーズ)の靴は今も多くのファンを魅了し続けています。

ノーサンプトンの工場で作られるこれらの靴は、英国の伝統と現代の技術が融合した一品であり、その魅力は今後も色あせることはないでしょう。

 

Tricker'sの創業者史

創業者ジョセフ・トリッカーの背景

ジョセフ・トリッカー(Joseph Tricker)は、1829年にイギリスのノーサンプトンでR.E. Tricker Ltdを創立しました。

ノーサンプトンは、当時から靴製造の中心地として知られており、多くの革靴メーカーが集まる地域でした。

トリッカーもこの地で靴作りを始め、高品質な紳士靴を提供することで徐々に評判を高めました。

 

トリッカーズ創業の動機

ジョセフ・トリッカーは、農地や不動産を所有する紳士階級向けの靴を製造することを目指して会社を設立しました。

当時のノーサンプトンは革靴の生産地として非常に重要な場所であり、トリッカーはこの地の利を活かして、高品質なカントリーブーツを提供することに専念しました​。

 

トリッカー家の経営理念

トリッカー家は、創業以来一貫して家族経営を続けてきました。

ジョセフ・トリッカーの後、息子のウォルター・ジェームス・トリッカーが事業を引き継ぎました。

ウォルターは、父の意志を継ぎつつも、より多くの革新を取り入れてブランドを発展させました。

例えば、1904年にはノーサンプトンのセント・マイケルス通りに新しい工場を設立し、最新のグッドイヤーウェルト製法を導入しました。

 

創業当初の挑戦と成功

トリッカー家は、初期の挑戦を乗り越えてブランドを確立しました。

創業当初のトリッカーは、小規模な工房での手作りの靴作りからスタートしましたが、その高品質と耐久性が評判を呼び、徐々に顧客を獲得していきました。

特に、農地や不動産を所有する上流階級の紳士たちが主要な顧客層であり、彼らの支持を得ることでブランドの地位を確立しました。

 

トリッカーのブランド名の由来

「Tricker's(トリッカーズ)」というブランド名は、ウォルターの妻の旧姓に由来しています。

当初は「バールトップ」の名を掲げていましたが、よりキャッチーな名前として「トリッカー」に変更されました。

この変更は、商業的な成功を目指してのものであり、結果としてブランドの認知度を高めることに成功しました​。

 

王室御用達ブランドへの成長

Tricker's(トリッカーズ)は、創業から数十年の間に、その品質の高さからイギリス王室にも愛用されるようになりました。

特に、1937年にジョージ6世にSTOWブーツを献上したことで、その名声は一気に広がりました。

この成功は、トリッカー家の代々にわたる品質へのこだわりと顧客第一の姿勢の賜物です​。

 

Tricker's(トリッカーズ)の創業者ジョセフ・トリッカーは、ノーサンプトンでの靴作りを通じて、一族での経営を守り続け、高品質な靴を提供することでブランドを築き上げました。

その後もトリッカー家は、伝統と革新を融合させながら、王室御用達ブランドとしての地位を確立し続けています。

Tricker's(トリッカーズ)の成功は、創業者のビジョンとその後の家族経営の努力の結果であり、今も多くのファンに愛され続けています。

 

Tricker'sのデザインの特徴とスタイル

トリッカーズのデザインの基本

Tricker's(トリッカーズ)は、そのデザインにおいて伝統と品質を融合させた特徴があります。

特に有名なのは、メダリオンとウィングチップが施されたデザインです。

メダリオンは靴の先端に施された装飾であり、ウィングチップは靴のつま先から側面にかけて広がるW字型の切り替えしデザインです。

これらの装飾は元々、水はけを良くするためのものでしたが、現在では視覚的な魅力を高めるために使われています。

 

カントリーブーツとそのスタイル

Tricker's(トリッカーズ)の代表的なモデルとして知られるのがカントリーブーツです。

これは、英国の上流階級が田舎で狩猟を行う際に着用するためにデザインされたもので、耐久性と防水性に優れています。

カントリーブーツの特徴的なデザインとして、ストームウェルトと呼ばれる水が侵入しづらい構造や、ダブルソールが挙げられます。

例えば、STOW(ストウ)モデルは、クラシックなカントリーブーツのスタイルを体現しています。

 

モンキーブーツの魅力

Tricker's(トリッカーズ)のもう一つの代表的なデザインがモンキーブーツです。

ETHAN(イーサン)モデルとしても知られるこのブーツは、ストラップがダブルになっていることで、カジュアルな印象を与えながらもビジネスシーンにも対応できるデザインが特徴です。

また、ETHANはコマンドソールやダイナイトソールを採用しており、履き心地と耐久性を兼ね備えています。

 

サイドゴアブーツとレースアップブーツ

Tricker's(トリッカーズ)のサイドゴアブーツは、スタイリッシュでありながらもシンプルなデザインが特徴です。

サイドゴアブーツは紐がなく、足入れが簡単であるため、カジュアルな場面からフォーマルな場面まで幅広く活用できます​。

また、レースアップブーツもトリッカーズの人気モデルで、しっかりとしたフィット感を提供しつつ、クラシックな外観が魅力です。

 

トリッカーズのスタイルアイコン

Tricker's(トリッカーズ)の靴は、その独特のデザインと高品質から、多くのスタイルアイコンに愛されています。

特に、英国紳士のスタイルを象徴する着こなしにTricker's(トリッカーズ)のブーツは欠かせません。

カントリーブーツを使ったスタイリングでは、ハンティングジャケットやデニムと合わせたコーディネートが定番となっており、上品さとカジュアルさを兼ね備えた着こなしが楽しめます。

 

Tricker's(トリッカーズ)のデザインは、伝統的な英国スタイルと高い機能性を兼ね備えています。

メダリオンやウィングチップといったクラシックな装飾から、耐久性に優れた構造まで、トリッカーズの靴はそのすべてにおいて細部へのこだわりが感じられます。

カントリーブーツやモンキーブーツなど、さまざまなモデルがあり、それぞれが独自の魅力を持っています。

Tricker's(トリッカーズ)の靴は、一足一足が伝統と革新を象徴するアイテムとして、多くの人々に愛され続けています。

 

まとめ:Tricker's ブランドリリース

Tricker's(トリッカーズ)は、その創業以来、英国の伝統的な靴作りを守り続け、世界中のファッション愛好家から高い評価を得ています。

特にメダリオンやウィングチップといったクラシックな装飾を施したデザインは、トリッカーズの象徴的な特徴です。

また、耐久性と防水性に優れたカントリーブーツや、スタイリッシュでありながらも機能性に優れたモンキーブーツ、サイドゴアブーツなど、多彩なモデルを展開しています。

 

これらの靴は、英国紳士のスタイルを象徴するアイテムとして、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで活用されています。

特にハンティングジャケットやデニムといったコーディネートに合わせることで、上品さとカジュアルさを兼ね備えたスタイルを楽しむことができます。

 

Tricker's(トリッカーズ)の靴は、その一足一足が職人の技術とこだわりを感じさせる逸品であり、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース