ブランドリリース

ADER ERRORとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。

PICK UP|ファッションニュース

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

バイヤーズガーメントは「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなファッションやライフスタイルを提案するブランド古着専門のオンラインショップです。

公式オンラインショップはこちら

 

▼白Tシャツ専門ブランド【Cov】はコチラ▼

 
こだわり抜いたMade in Japan白Tシャツ:1枚19,800円(税込)
 
 

▼UWear(ユーウェア)はコチラ▼

 
スタイリストのメンズファッションコーデを月額6,800円(税込7,480円)からサブスクレンタル

 

▼SPU スタイルアップ便はコチラ▼

 
スタイリスト厳選コーデが毎月届くサブスクサービス
 
 

▼ビズ服|bizfukuはコチラ▼

 
オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのメンズコーディネートレンタルサービス

 

  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

ADER ERRORとは?【ブランドリリース】

ADER ERROR

ファッションブランド「ADER ERROR(アーダーエラー)」は、その独自のデザイン哲学とスタイルで注目を集めています。

2014年に韓国のソウルで設立され、匿名のデザイナー集団によって運営されているこのブランドは、ミニマルでモダンなシンプルさを基盤に、日常的なアイテムを新しい視点で再解釈することに力を注いでいます。

 

ビッグシルエットやユニセックスなスタイル、鮮やかなカラーパレットと抽象的なグラフィックなど、ADER ERROR(アーダーエラー)のデザインには多くの特徴があります。

さらに、再構築の技法を駆使し、既存のアイテムを新たな形で表現する「エディットプロセス」も彼らの魅力の一つです。

 

この記事では、ADER ERROR(アーダーエラー)のデザインの特徴とスタイルについてご紹介します。

 

ADER ERRORの起源と歴史

ブランドの設立と背景

「ADER ERROR(アーダーエラー)」は、2014年に韓国のソウルで設立されたユニセックスブランドです。

このブランドは、匿名のデザイナー集団によって運営されており、インテリアデザイン、グラフィックデザイン、金融、建築など、異業種から集まった約30人のクルーが参加しています​。

 

デザイン哲学と特徴

ADER ERROR(アーダーエラー)のデザイン哲学は、日常的な物事を新しい視点で表現し、ユニークなビジュアルを作り出すことにあります。

ブランドのアイデンティティは「ミニマルでモダンなシンプルさ」に根ざしており、鮮やかな原色や抽象的なグラフィック、自由奔放なスタイリングが特徴です​。

 

また、ブランドの運営方針として「FINE」というルールを掲げています。

これは、Fun(楽しさ)、Immediate(即時性)、New(新しさ)、Easy(簡単さ)の頭文字を取ったもので、これらの要素を大切にしながらコンテンツを作り上げています​。

 

成功と展開

ADER ERROR(アーダーエラー)は、その斬新なデザインと独自のコンセプトで、設立から短期間でグローバルな注目を集めるようになりました。

2018年には、日本の「モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」原宿店で初めて取り扱いが始まり、その後もオンラインショップやセレクトショップを通じて日本での展開を広げています。

 

グローバルな活動

現在、ADER ERROR(アーダーエラー)は韓国国内だけでなく、パリやベルリン、ニューヨークなどの都市でも展開しています。

フィグ・コレクティブ(FIG COLLECTIVE)やトム・グレイハウンド(TOM GREYHOUND)などのセレクトショップに取り扱われたり、10 コルソ コモ(10 CORSO COMO)でポップアップを開催するなど、グローバル市場での存在感を増しています。

 

ADER ERROR(アーダーエラー)の革新的なデザインとビジネスモデルは、今後も多くのファッション愛好家やクリエイターに影響を与え続けることでしょう。

 

ADER ERRORの創業者について

創業者の背景とチーム構成

「ADER ERROR(アーダーエラー)」は、2014年に韓国のソウルで設立されたファッションブランドです。

このブランドの設立には、特定の一人の創業者が存在せず、約30人の匿名のデザイナー集団によって運営されています。

これらのメンバーは、ファッションだけでなく、建築、金融、グラフィックデザインなど、異なる業界から集まった多才な個人たちです。

 

ブランドの哲学とビジョン

ADER ERROR(アーダーエラー)のブランド哲学は、日常的な物事を新しい視点で再解釈し、ユニークでクリエイティブなデザインを生み出すことにあります。

彼らは「ミニマルでモダンなシンプルさ」を基盤にしており、普通のものを異常に見せることや複雑なものをシンプルにすることに重点を置いています。

このアプローチは、彼らが掲げるブランドスローガン「But near missed things(ほぼ見逃されたもの)」にも反映されています。

 

ブランドの運営方法

ADER ERROR(アーダーエラー)の運営は、非常に協力的かつ水平的なアプローチを取っています。

全てのメンバーがアイデアを出し合い、定期的なブレインストーミングを通じてコンセプトを固めます。

この過程で、デザイン、マーケティング、顧客サービスなど、全ての側面が考慮されます。

メンバー全員が自由に意見を述べることができる環境を作り出すことで、ブランド全体の一貫性と創造性を維持しています。

 

ADER ERROR(アーダーエラー)は、特定の創業者によって設立されたブランドではなく、多様なバックグラウンドを持つ匿名のデザイナー集団によって運営されています。

この協力的で創造的なアプローチが、ADER ERROR(アーダーエラー)の独自性と成功の鍵となっています。

彼らのブランド哲学と運営方法は、ファッション業界に新たな視点を提供し続けています。

 

ADER ERRORのデザインの特徴とスタイル

デザインの哲学

ADER ERROR(アーダーエラー)は、そのデザイン哲学において「ミニマルでモダンなシンプルさ」を重視しています。

ブランドの根底にあるのは、日常的なものを新しい視点で再解釈し、それをユニークかつクリエイティブなデザインとして表現することです。

このアプローチは、ファッションだけでなく、建築やグラフィックデザイン、金融など、多様な分野から集まったクルーによって支えられています​。

 

ビッグシルエットとユニセックス

ADER ERROR(アーダーエラー)の代表的なデザインの特徴の一つは、ビッグシルエットです。

オーバーサイズのTシャツやフーディー、スウェットシャツなどが多くのコレクションで見られ、これらはユニセックスなスタイルで提供されています。

ジェンダーレスなファッションの先駆けとして、男女問わず幅広い支持を集めています。

 

カラーパレットとグラフィック

ブランドのもう一つの特徴は、鮮やかな原色のカラーパレットと抽象的なグラフィックの使用です。

これらの要素は、製品に大胆で視覚的なインパクトを与えています。

例えば、青や赤、黄色といった鮮やかな色使いとともに、非連続的なスローガンやエキセントリックなイメージが特徴的です。

 

再構築とエディットプロセス

ADER ERROR(アーダーエラー)は「再構築」の技法を用いて、既存のアイテムを新たな形で表現しています。

彼らのデザインプロセスは、雑誌を編集するような「エディットプロセス」と呼ばれ、全員が意見を出し合いながらコンセプトを固めていきます。

この過程で、普通のアイテムが非凡なものに変わり、複雑なものがシンプルに再構築されます。

 

コラボレーション

ADER ERROR(アーダーエラー)は、MAISON KITSUNEやPUMAなど、数々の有名ブランドとコラボレーションを行い、さらにその知名度を高めています。

ブランドの将来的な展望としては、既存の店舗展開に加え、より多くのグローバルな流通経路を確保し、さらなる市場拡大を目指しています​。

 

ADER ERROR(アーダーエラー)は、そのミニマルでモダンなデザイン哲学、ビッグシルエットとユニセックスなスタイル、鮮やかなカラーパレットと抽象的なグラフィック、そして再構築の技法を駆使したエディットプロセスにより、独自の地位を築いています。

これらの要素が融合することで、ADER ERRORのアイテムは他に類を見ない魅力を持ち、多くのファッション愛好者に支持されています。

 

まとめ:ADER ERROR ブランドリリース

ADER ERROR(アーダーエラー)は、そのユニークでクリエイティブなデザイン哲学と多様なスタイルで、短期間で世界的な注目を集めるブランドとなりました。

ビッグシルエットやユニセックスなスタイル、鮮やかな原色のカラーパレットと抽象的なグラフィックを特徴とし、再構築の技法を駆使することで、既存のアイテムを新しい形で表現しています。

これらのデザイン要素は、ブランドの根底にある「ミニマルでモダンなシンプルさ」と見事に融合しています。

 

また、PUMAやMaison Kitsunéなどの有名ブランドとのコラボレーションを通じて、さらに多くのファッション愛好者にアピールし続けています。

ADER ERROR(アーダーエラー)の成功は、単なるファッションブランドにとどまらず、現代のファッションシーンに新たな視点と可能性をもたらしています。

 

ADER ERROR(アーダーエラー)の革新的なアプローチが、今後も多くのファッション愛好者やクリエイターに影響を与え続けることでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース