WEARBRARY

モッズコートとは?M-51の起源や歴史、特徴や選び方を解説

2024年5月30日

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. WEARBRARY >

モッズコートとは?M-51の起源や歴史、特徴や選び方を解説

2024年5月30日

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

メンズに人気のモッズコートとは?歴史や特徴を解説

モッズコートは、その独特のデザインと高い機能性から、秋冬のファッションアイテムとして広く愛されています。

しかし、どのようなポイントに注意して選べばよいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

この記事では、モッズコートのサイズ感、ライナーの有無と素材、生地と耐久性、デザインの違い、ブランドの選び方、購入時の注意点について詳しくご紹介します。

モッズコートの魅力と選び方のポイントを押さえて、自分にぴったりの一着を見つけましょう。

 

モッズコートの歴史

モッズコートの起源

モッズコートの起源は、1950年代にアメリカ軍が使用した防寒用パーカ「M-51」にさかのぼります。

このコートは極寒地帯での使用を目的として設計され、フィッシュテール(燕尾状の裾)や取り外し可能なライナーが特徴です。

M-51はアメリカ陸軍の兵士が寒冷地での防寒対策として使用し、その後、モッズコートとして知られるようになりました。

 

イギリスでの普及

モッズコートがファッションアイテムとして普及したのは、1960年代のイギリスです。

当時、若者たちの間で「モッズ」というカルチャーが流行しており、その中でM-51が注目されました。

モッズたちはスーツや細身のパンツにこのコートを合わせ、独自のスタイルを確立しました。彼らはスクーターに乗り、音楽やファッションにこだわるライフスタイルを持っていました。

 

モッズコートの進化

モッズコートは、その後も多くのデザイナーやブランドによってリデザインされ続けています。

例えば、フレッドペリーやヒューストンなどのブランドが手掛けるモッズコートは、伝統的なスタイルを保ちながらも現代のファッションに適応したデザインを提供しています。

これにより、モッズコートはクラシックなアイテムでありながら、時代を超えて愛され続けるアイテムとなっています。

 

モッズコートの特徴

モッズコートの代表的な特徴として、以下の点が挙げられます:

  • フィッシュテールデザイン:燕尾状に分かれた裾が特徴的で、これにより動きやすさと防寒性を兼ね備えています。
  • 大きなフラップポケット:前面に大きなポケットが2つ付いており、実用性を高めています。
  • 取り外し可能なライナー:寒冷地での使用を考慮し、ウールやパイル地のライナーが付属しています​ (Wikipedia)​​ (古着屋JAM(ジャム))​。

現在のモッズコート

現在でも、モッズコートは秋冬の定番アイテムとして多くの人々に愛されています。

特にオーバーサイズのデザインや高機能な素材を使用したモデルが人気です。

現代のファッションシーンでも、モッズコートはその歴史とともに進化を続けています​。

 

モッズコートは、その独自のデザインと機能性から、今なお多くの人々に支持されているファッションアイテムです。

歴史や背景を知ることで、さらにその魅力を感じることができるでしょう。

 

モッズコートの特徴

フィッシュテールデザイン

モッズコートの最も特徴的なデザイン要素は、その裾の形状です。

フィッシュテールパーカと呼ばれるこのデザインは、裾が燕尾状に分かれており、ドローコード(絞り紐)を使って調整することができます。

このデザインは、防寒性を高めるとともに、動きやすさを確保するために考案されました。

特に、股の下をドローコードで通して前裾と結ぶことで、裾の巻き上がりを防ぐことができるようになっています​。

 

大きなフラップポケット

モッズコートの前面には、大きなフラップポケットが2つ配置されています。

このポケットは収納力が高く、実用的です。

寒冷地での使用を考慮してデザインされており、手袋をしたままでも使いやすい大きさとなっています。

さらに、フィールドジャケットと組み合わせて着用することを想定しているため、全体的にゆったりとしたサイズ感になっています。

 

取り外し可能なライナー

モッズコートは、多様な気候条件に対応するために、取り外し可能なライナーが付属しています。

このライナーは、ウールやパイル地で作られており、防寒性を高める役割を果たします。

寒冷地での防寒対策として、コート本体(シェル)の内側にライナーを装着することで、さらなる保温効果を得ることができます。

また、防寒フードも付属しており、頭部の保温にも配慮されています​。

 

ジッパーとスナップボタン

モッズコートの前面は、大型のジッパーとスナップボタン(ドットボタン)で閉じる仕様になっています。

このジッパーとボタンは、防風効果を高めるために設計されており、寒風の侵入を防ぎます。

ジッパーは、アルミや真鍮製のものが使用されており、耐久性も高いです。

 

オリーブグリーンのカラー

モッズコートの生地は、通常オリーブグリーン色の薄手のコットンやナイロン地で作られています。

このカラーは、ミリタリーファッションの象徴として広く認知されており、カジュアルなスタイルにも合わせやすいのが特徴です。

生地の種類としては、厚手のコットンサテン生地の初期型も存在しますが、一般的には薄手のコットンナイロンオックスフォード地が使用されています。

 

モッズコートは、その機能性とデザイン性から、今なお多くの人々に愛されているファッションアイテムです。

その特徴を理解することで、さらにその魅力を感じることができるでしょう。

 

日本におけるモッズコートの普及

1990年代以前の状況

1990年代以前、日本ではモッズコートは「モッズパーカ」や「シェルパーカ」と呼ばれていました。

これらの呼称は、イギリスでモッズ文化が広がる中で使われていた名称に由来しています​。

特に1960年代から1970年代にかけて、モッズパーカとして知られていたM-51パーカは、若者たちの間でファッションアイテムとして浸透していきました​。

 

ファッションアイテムとしての進化

モッズコートは、その機能性とスタイルから、ファッションアイテムとしても進化を遂げました。

オリーブグリーンの薄手のコットンやナイロン地で作られたM-51パーカは、寒冷地での防寒具としての機能を保ちながら、現代のファッションに合わせたデザインが施されています。

例えば、フレッドペリーやヒューストンなどのブランドが提供するモッズコートは、伝統的なスタイルを保ちながらも、現代の着こなしに適応したデザインが特徴です​。

 

日本におけるモッズコートの市場

日本市場においても、モッズコートは秋冬の定番アウターとして広く愛されています。

特にオーバーサイズのデザインや高機能な素材を使用したモデルが人気であり、多くのブランドが競って新しいデザインを発表しています。

これにより、モッズコートはクラシックなアイテムでありながら、常に進化し続けるファッションアイテムとして位置付けられています。

 

モッズコートの普及とその背景には、テレビドラマの影響やファッション業界のトレンド、そして日本の若者文化の変遷が大きく関与しています。

その歴史と特徴を理解することで、さらにその魅力を感じることができるでしょう。

 

モッズコートの選び方

サイズ感の確認

モッズコートは元々ミリタリーアイテムとして設計されているため、一般的に大きめのサイズ感です。

特に、M-51モッズコートは寒冷地での使用を考慮して大きめに作られており、フィールドジャケットの上からも着用できるようにデザインされています。

そのため、購入時には実寸をしっかり確認し、自分の体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。

試着ができる場合は、実際に着用してみて動きやすさやフィット感を確認することをお勧めします。

 

ライナーの有無と素材

モッズコートには、取り外し可能なライナーが付属しているモデルがあります。

このライナーは、ウールやパイル地で作られており、寒冷地での防寒対策として効果的です。

ライナーが付いているモデルは、寒い季節だけでなく、ライナーを外して春秋にも使えるため、季節を問わず活躍します。

また、防寒フードが付属しているモデルもあり、頭部の保温にも配慮されています​。

 

生地と耐久性

モッズコートの生地は、主にコットンやナイロンで作られています。

特にオリーブグリーン色の薄手のコットンナイロンオックスフォード地が一般的です。

この素材は耐久性が高く、ミリタリーアイテムとしての機能性を持ちながら、日常使いにも適しています。

厚手のコットンサテン生地の初期型も存在しますが、一般的には薄手の生地が主流です​。

 

デザインの違い

モッズコートにはさまざまなデザインがありますが、最も一般的なものはフィッシュテールデザインです。

このデザインは、裾が燕尾状に分かれており、動きやすさと防寒性を兼ね備えています。

また、大きなフラップポケットが前面に配置されており、実用性を高めています。

その他にも、フード付きや襟付きのデザイン、比翼仕様のフロントなど、多種多様なデザインがありますので、自分のスタイルや用途に合わせて選ぶことが重要です​。

 

ブランドの選び方

モッズコートは、多くのブランドがさまざまなデザインを提供しています。

例えば、フレッドペリーやヒューストンなどのブランドは、伝統的なスタイルを保ちながらも現代のファッションに適応したモッズコートを展開しています。

ブランドによってデザインや素材、機能性に違いがありますので、自分の好みや用途に合ったブランドを選ぶことが大切です​。

 

購入時の注意点

モッズコートを購入する際には、以下の点にも注意が必要です:

  • 防水性:雨や雪に対応できる防水加工が施されているか確認しましょう。
  • 保温性:寒冷地での使用を考慮して、保温性の高い素材やデザインを選ぶことが重要です。
  • メンテナンス:洗濯やクリーニングが容易かどうかもチェックしましょう。特にライナーが取り外し可能な場合は、別々に洗えるかどうかも確認しましょう。

モッズコートは、その機能性とデザイン性から、ファッションアイテムとしても高い人気を誇ります。

自分に合った一着を見つけて、スタイリッシュかつ快適な冬を過ごしましょう。

 

まとめ:

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-WEARBRARY

© 2024 IDEALVINCI