ブランドリリース

WILD THINGSはどのようなブランド?歴史や特徴を解説

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

WILD THINGSはどのようなブランド?歴史や特徴を解説

WILDTHINGS(ワイルドシングス)は、米国ニューハンプシャー州ノースコンウェイで設立されたアウトドアブランドです。

1981年、フランスで代々続くマウンテンガイドの娘であるマリー・ミューニエール氏によって創立されました。

このブランドは、「軽くて丈夫でなければならない」というコンセプトを掲げ、高品質なクライミングギアを提案しています。今回は、WILDTHINGS(ワイルドシングス)の歴史や商品の特徴について解説していきます。

 

WILDTHINGSの基礎

WILDTHINGS(ワイルドシングス)とは、アメリカのニューハンプシャー州ノースコンウェイを拠点とするアウトドアブランドです。

1981年、フランスのマウンテンガイドの家系に生まれたマリー・ミューニエール氏によって設立されました。

WILDTHINGS(ワイルドシングス)は、「軽くて丈夫」をコンセプトに、高品質なクライミングギアを提案しています。

また、アメリカ軍(陸軍・陸軍特殊部隊・海軍特殊部隊シールズ・海兵隊)には、ミリタリースペックの製品も納品しており、そのことでも有名です。

 

WILDTHINGSの創業者は?

WILDTHINGS(ワイルドシングス)は、アメリカのアウトドアブランドです。

1981年に、アメリカ・ニューハンプシャー州ノースコンウェイで、登山家のジョン・ボチャードさんとマリー・ミューニエールさんの夫婦によって創立されました。

創業者のマリーさんは、スイスのシャモニーで代々続いているマウンテンガイドの家系に生まれた方です。

幼い頃から優れた登山用品の重要性を学んできたマリーさんは、これまでの知識と経験を生かし、「軽くてタフでなければいけない」というコンセプトに基づいて、高性能な製品を生産し続けています。

ブランドは、1984年にマリーさんが女性として初めてアンデス山脈最高峰アコンカグアに登頂成功したことがきっかけで一気に有名になりました。

彼女自身が手掛けたWILDTHINGS(ワイルドシングス)のクライミングギアとウェアは、高い機能性を実証するだけでなく、歴史的な偉業も達成しました。

そのため、彼女の名前とWILDTHINGS(ワイルドシングス)の知名度はクライマーの間で広まりました。

マリーさんはその後、アメリカ軍への商品納入や探検家・フォトグラファーとの商品開発を経て、パラグライダー用や犬ぞりレース用の製品開発など、高性能なプロダクトの継続的な提供によって、アメリカでの認知度を高めています。

 

WILDTHINGSの歴史

1983年にアイコン「デナリジャケット」を発表

1983年、WILDTHINGS(ワイルドシングス)は誇らしくもプリマロフトを早期に採用し、防水性と保温性を兼ね備えたアイコン的なデナリジャケットを発表しました。

そして1984年、マリーは女性として初めてアンデス山脈最高峰・アコンカグアに登頂し、歴史的な快挙を成し遂げました。

この一連の出来事は、彼女自身が手掛けたクライミングギアやウェアの高い機能性を証明し、WILDTHINGS(ワイルドシングス)の名前が広く知られるきっかけとなりました。

 

1985年からはアメリカ軍にギアとウェアを納品

クライマーやアウトドア愛好家から絶大な支持を得ていく一方で、1985年からアメリカ軍へのギアとウェアの納品も行ってきました。

アウトドアで培った技術は非常に高く評価され、極地まで対応するアメリカ軍のレイヤリングシステムであるECWCSのサプライヤーとして認定されました。

特に最強の防寒性を誇るレベル7のアウターは、WILDTHINGS(ワイルドシングス)が主導し、ハッピージャケットを開発しました。

以来、WILDTHINGS(ワイルドシングス)はタクティカルなミリタリーギアの代表となり、ハッピージャケットやモンスターパーカはタウンユースでも広範な支持を受けています。

 

WILDTHINGSのコンセプトとは?

WILDTHINGS(ワイルドシングス)のコンセプトは、1983年に掲げた「LIGHTISRIGHT(軽くてタフであること)」です。

WILDTHINGS(ワイルドシングス)は、軽量性にこだわり、最新の素材である防水透湿素材「GORE-TEX(ゴアテックス)」やマイクロファイバー素材「Primaloft(プリマロフト)」を積極的に取り入れて製品開発しています。

クライマーやハイカー、キャンパーだけでなく、タクティカルユースにも広く利用されている点から、WILDTHINGS(ワイルドシングス)の品質の高さがわかりますね。

日本ではセレクトショップでの取り扱いも多く、クライミングユースやフェス、キャンプユースなど「おしゃれなアウトドアブランド」という印象が強いですが、本国アメリカでは本格的な「ガチアウトドア」ブランドとして知られています。

アイテムも、本格的なアウトドアアクティビティに使用できるモデルが豊富にラインナップされています。

 

WILDTHINGSはどこで買える?

WILDTHINGS(ワイルドシングス)は全国のセレクトショップやアウトドア量販店を中心に展開しております。

WILDTHINGS(ワイルドシングス)をお探しの方々は、「おしゃれにアウトドアを楽しみたい!」という方が多い傾向にあります。

そういった方々には、独自の視点でアイテムを厳選しているセレクトショップでの購入がおすすめですよ。

WILDTHINGS(ワイルドシングス)は、BEAMS(ビームス)やFREAK'S STORE(フリークスストア)、BEAVER(ビーバー)などの大手セレクトショップで取り扱われています。

 

WILDTHINGSの商品の特徴

WILDTHINGS(ワイルドシングス)の特徴の一つは、セレクトショップと一緒に積極的にオーダーメイドのアイテムを展開していることです。

特にBEAMS(ビームス)やFREAK'S STORE(フリークスストア)などのショップとのコラボアイテムは必見です。

人気がありすぎるため、すぐに店頭からなくなってしまうものも多いので、見つけたらお早めに手に入れることをおすすめします。

 

コラボアイテムが豊富

セレクトショップとのコラボは他のブランドでもよく見かけますが、WILDTHINGS(ワイルドシングス)の特徴は「コカ・コーラ」のようなユニークなブランドとのコラボも行っていることです。

アウトドアやファッションの枠にとどまらず、積極的なブランドの姿勢を感じ取ることができます。

 

ミリタリーアイテムもおすすめ

WILDTHINGS(ワイルドシングス)が得意とするギアは、非常に軽量で丈夫なものがたくさんあり、これらはアメリカ特殊部隊にも提供されています。

ミリタリー好きには、ミリタリーライン「WILD THINGS TACTICAL(ワイルドシングスタクティカル)」がおすすめです。

コヨーテやカモ、カーキなどのミリタリーカラーは、アウトドアだけでなく、タウンユースにもとても合わせやすいです。

 

マウンテンパーカーが定番

WILDTHINGS(ワイルドシングス)のアイコン的アイテムとして、まず挙げられるのはマウンテンパーカー「デナリジャケット」です。

このアイテムは1983年に初登場し、その後も販売が続けられ、驚くべき歴史の長さを誇っています。

デナリジャケットの特徴は、軽くて機能的で頑丈であることです。

このハイエンドモデルは、秋から春にかけての山でのアウタージャケットとして使用することができる防風性、保温性、防水性を備えています。

防水透湿素材には「eVent(イーベント)」が採用されており、雨や雪の中でも蒸れずに、またeVentの特有の柔軟性により、非常に動きやすいのが特徴です。

2018年モデルからは、プリマロフトを使用したライナーが取り外し可能になり、保温能力を調整することができます。

ライナーは単体でも使用できるため、3通りのスタイリングが可能です。

さらに、街着としても使え、タウンユースで映えるデザイン性の高さや美しいシルエットは、さすがと言えるでしょう。

アウトドアアイテムはどうしても「ガチすぎる」印象になりがちですが、WILDTHINGS(ワイルドシングス)の「デナリジャケット」はカジュアルにもストリートにもおしゃれに合わせることができ、その点がとても嬉しいポイントです。

 

WILDTHINGS おすすめアイテム紹介

WILDTHINGSのおすすめアイテムをご紹介します。

どれもブランドを代表する人気アイテムばかりとなりますので、是非チェックしてみてください。

 

WILDTHINGS ビレイジャケット

 

WILDTHINGS コールドウェザーパーカー

 

WILDTHINGS デナリダウンジャケット

 

WILDTHINGS モンスターパーカー

 

WILDTHINGS イニシャルデナリダウンジャケット

 

まとめ:WILDTHINGS ブランドリリース

今回は、おしゃれで機能的なアウトドアブランド「WILDTHINGS(ワイルドシングス)」の歴史や特徴についてご紹介いたしました。

機能性にこだわり過ぎて「ガチすぎる」印象を与えてしまうアウトドアブランドもたくさんありますが、WILDTHINGS(ワイルドシングス)は美しいシルエットやプリント柄のユニークさ、ナチュラル感を意識した素材のセレクトにもこだわっています。

デザイン性にもしっかりとこだわる一方で、アメリカ軍にも装備を提供しているほどの「高い技術力」も備えており、GORE-TEX(ゴアテックス)やeVent(イーベント)、Primaloft(プリマロフト)など、最新鋭の素材を使用した製品も必見です。

フェスや登山など、おしゃれにアウトドアを楽しむ方には欠かせないブランドですよ。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIMENS ACTIVE FASHION ブロガー
30代・40代向けの「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガー。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース

© 2024 IDEALVINCI