ブランドリリース

Ocean Pacificとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。

PICK UP|ファッションニュース

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

バイヤーズガーメントは「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなファッションやライフスタイルを提案するブランド古着専門のオンラインショップです。

公式オンラインショップはこちら

 

▼白Tシャツ専門ブランド【Cov】はコチラ▼

 
こだわり抜いたMade in Japan白Tシャツ:1枚19,800円(税込)
 
 

▼UWear(ユーウェア)はコチラ▼

 
スタイリストのメンズファッションコーデを月額6,800円(税込7,480円)からサブスクレンタル

 

▼SPU スタイルアップ便はコチラ▼

 
スタイリスト厳選コーデが毎月届くサブスクサービス
 
 

▼ビズ服|bizfukuはコチラ▼

 
オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのメンズコーディネートレンタルサービス

 

  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

Ocean Pacificとは?【ブランドリリース】

Ocean Pacific

カリフォルニアで誕生したOcean Pacific(オーシャンパシフィック)は、そのユニークなデザインとスタイルで多くの人々に愛されています。

1960年代にサーフカルチャーを基盤として設立されて以来、ビーチライフを象徴するカラフルで遊び心のあるデザインが特徴です。

また、サーファーだけでなく、一般の人々にも広く支持されるアイテムラインナップを展開しています。

特に、コーデュロイショーツやサーフポロなどのシグネチャーアイテムは、長年にわたり人気を誇っています。

 

この記事では、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)のデザインの特徴とスタイルについて詳しくご紹介します。

 

Ocean Pacific(OP)の起源と歴史

起源

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は、1960年代にカリフォルニアでサーフギアブランドとして誕生しました。

当時、ジョン・スミス(John Smith)によって設立されましたが、1972年にジム・ジェンクス(Jim Jenks)に引き継がれました。

ジェンクスは、サーファーのニーズを満たすアパレルブランドとしてOcean Pacific(オーシャンパシフィック)を再興し、ブランドの方向性を大きく変えました。

 

歴史と進化

1970年代には、サーフィンが西海岸を中心に世界的なブームとなり、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)はその中心的存在として知られるようになりました。

ジェンクスは、サーフボードに加えて、ボードショーツやバギーパンツ、ビキニといったアパレル製品を展開し、サーファーだけでなく、一般の若者にも支持されるようになりました。

特に、コーデュロイのショートパンツやオープンカラーのサーフポロは、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)のシグネチャーアイテムとして人気を博しました​。

 

影響とカルチャー

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)が提案したサーフカルチャーは、ビーチからストリートへと広がり、ファッションだけでなく、音楽や車など多岐にわたる分野に影響を与えました。

1980年代には、スケートボードやスノーボードといった新しいスポーツにも波及し、サーファー以外のアクティビティにも取り入れられました。

このようにして、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)はサーフカルチャーの象徴的なブランドとして成長していきました。

 

現在の展開

現在、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)はメンズ、ウィメンズ、キッズ向けの幅広いアイテムを展開しており、リーズナブルな価格帯から高級感のある商品まで、多様なニーズに応えています。

特に、水着やラッシュガード、ビーチウェアといった海辺のファッションアイテムは、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)の代表的な商品となっています。

また、近年ではフィットネスウェアやゴルフウェアなど、スポーティーなアイテムも取り扱っており、幅広い層から支持されています​。

 

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は、そのカジュアルでありながらスタイリッシュなデザインで、多くの人々に愛されるブランドとして、今後も進化を続けるでしょう。

 

Ocean Pacific(OP)の創業者について

ジム・ジェンクス(Jim Jenks)の背景

ジム・ジェンクスは、カリフォルニア州のサーフボードシェイパーであり、後にサーフアパレルブランド「Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)」を設立しました。

ジェンクスは、元々サーフショップのレップとして働いており、1972年にOcean Pacificという名前を取得してブランドを立ち上げました。

当時、彼はサーファーが陸上でも着用できる服を提供したいというビジョンを持っていました​。

 

ジョン・スミスとドン・ハンセンの役割

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)の起源は、1960年代にジョン・スミスが設立したサーフボードブランドにさかのぼります。

その後、ブランドはドン・ハンセンのハンセン・サーフショップに売却され、ジェンクスが1972年にアパレルラインとして再興しました。

ジェンクスは、このブランド名を使ってサーフカルチャーを象徴するアパレルブランドとしてOcean Pacific(オーシャンパシフィック)を発展させました。

 

Ocean Pacificの成長と影響

ジェンクスのリーダーシップの下、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は1970年代から1980年代にかけてサーフカルチャーを融合させたアパレルブランドとして急速に成長しました。

このブランドは、スポーツ、音楽、アート、ファッションを組み合わせ、西海岸のビーチライフスタイルを反映したデザインで知られるようになりました。

特に、コーデュロイショーツやサーフポロなどのアイテムは、カジュアルでありながらスタイリッシュなデザインで多くのファンを魅了しました​。

 

ジム・ジェンクスの遺産

ジェンクスはブランドの成功により、創業からわずか8年後に引退し、世界を旅する生活を送りました。

しかし、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)が1988年に再び経営危機に直面した際には、ブランドを支援するために戻り、再度指導力を発揮しました。

2000年代には、ブランドはワーナコ・グループに売却され、その後、アイコニックス・ブランド・グループが所有することとなりました​。

 

ジェンクスのビジョンと情熱は、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)を単なるサーフブランドから、世界中の人々に愛されるライフスタイルブランドへと成長させました。彼の影響は、現在でもブランドのデザインと理念に強く反映されています。

 

Ocean Pacific(OP)のデザインの特徴とスタイル

サーフカルチャーを基盤としたデザイン

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は、そのデザインにおいてサーフカルチャーを強く反映しています。

1960年代にカリフォルニアで誕生し、ビーチライフを象徴するアイテムを中心に展開しています。

サーフボードや水着をはじめ、ボードショーツやバギーパンツ、ビキニなど、ビーチでの活動を想定した製品が多いのが特徴です​。

 

カラフルで遊び心のあるデザイン

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)のデザインは、カラフルで遊び心のあるカラーリングが特徴です。

このデザインは、サーファーのみならず、一般の人々にも広く支持されています。

鮮やかな色使いや大胆なグラフィックは、ビーチやストリートで映えるスタイルとして人気があります。

また、Tシャツやショートパンツなどの日常使いのアイテムにもそのデザインが反映されており、カジュアルかつスタイリッシュなアイテムとして愛用されています。

 

ユニークなアイテムラインナップ

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)のアイテムラインナップは多岐にわたり、水着やラッシュガード、ビーチウェアから、ゴルフウェアやフィットネスウェアまでカバーしています。

これにより、海辺での活動だけでなく、スポーツシーンや日常生活でも活用できる幅広い商品展開を実現しています。

特に、コーデュロイショーツやサーフポロは、ブランドの象徴的なアイテムとして長年にわたり人気を誇っています。

 

トレンドと機能性の融合

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は、デザインにおいてトレンドと機能性を巧みに融合させています。

サーフィンやスケートボードといったアクティブなライフスタイルを支えるため、動きやすさや耐久性に配慮した素材選びがされています。

同時に、最新のファッショントレンドを取り入れることで、常に時代に合ったスタイルを提供しています。

 

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は、その創業以来、サーフカルチャーを基盤としたデザインで多くの人々に愛され続けています。

カラフルで遊び心のあるデザイン、幅広いアイテムラインナップ、トレンドと機能性の融合といった特徴により、ビーチやストリート、日常生活でもその魅力を発揮しています。

 

まとめ:Ocean Pacific ブランドリリース

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)は、そのユニークなデザインとスタイルで多くのファンを魅了し続けています。

1960年代にカリフォルニアで誕生し、サーフカルチャーを基盤としたカラフルで遊び心のあるデザインが特徴です。

Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)のアイテムは、サーフボードや水着、ボードショーツ、ビキニなど、ビーチライフを象徴する製品が多く、サーファーのみならず一般の人々にも広く支持されています。

さらに、ゴルフウェアやフィットネスウェアなど、多様なニーズに応えるアイテムラインナップも充実しており、トレンドと機能性を兼ね備えたブランドとして知られています。

 

この記事を通じて、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)のデザインの特徴とスタイルについて理解を深めていただけたでしょうか。

ビーチやストリート、日常生活で映えるOcean Pacific(オーシャンパシフィック)の魅力を、ぜひ実際に体験してみてください。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース