WEARBRARY

【保存版】スケーターファッションとは?歴史や特徴を解説

2024年5月22日

※アフィリエイト広告を利用しています。
  1. IDEALVINCI >
  2. WEARBRARY >

【保存版】スケーターファッションとは?歴史や特徴を解説

2024年5月22日

IDEALVINCI

古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

【保存版】スケーターファッションとは?歴史や特徴を解説

スケーターファッションは、スケートボードカルチャーと密接に結びついた独自のスタイルを持つファッションカテゴリーです。

スケートボードが1940年代末にカリフォルニアで誕生して以来、そのファッションは時代とともに進化し続けてきました。

現在では、クラシックなスタイルからストリートスタイル、そしてヴィンテージスタイルまで、多様なスタイルが存在し、スケーターたちの個性を表現する重要な要素となっています。

 

この記事では、スケーターファッションの歴史と文化、代表的なブランドやアイテム、そしてそれぞれのスタイルの特徴とコーディネートのポイントについて詳しく解説します。

 

スケーターファッションとは?

スケーターファッションとは?

スケーターファッションは、スケートボードを楽しむためのスタイルから発展したファッションで、ラフで動きやすい特徴があります。

一般的には、ゆったりとしたトップスとパンツ、スニーカーを組み合わせたカジュアルなスタイルが中心です。

このスタイルは、スケートボードのパフォーマンスを支えるための機能性を重視しており、耐久性や動きやすさが求められます。

また、スケーターたちのカルチャーやライフスタイルを反映したデザインが特徴です​​。

 

代表的なスケーターファッションブランド

代表的なスケーターファッションブランド

1. THRASHER(スラッシャー)

THRASHER(スラッシャー)は、スケーターファッションの象徴とも言えるブランドで、スケートボードカルチャーを代表する存在です。

大きなロゴが特徴で、Tシャツやフーディーが特に人気です。

ストリートファッションとしても高い評価を受けており、多くのスケーターに愛用されています。

 

2. VANS(ヴァンズ)

VANS(ヴァンズ)は、シューズブランドとして知られていますが、アパレルも人気です。

シンプルなデザインと耐久性のある素材が特徴で、スケートボードだけでなく日常のカジュアルウェアとしても幅広く着用されています。

 

3. SUPREME(シュープリーム)

SUPREME(シュープリーム)は、ストリートファッションとスケーターファッションの交差点に位置するブランドです。

高品質な素材と独特のデザインで知られており、コラボレーションアイテムも多く、常に注目を集めています。

 

4. PALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)

イギリス発のブランドであるPALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)は、2009年の創業以来、瞬く間に人気を博しました。

A$AP RockyやJay-Zなどの著名人も愛用していることで知られ、ファッションシーンにも大きな影響を与えています。

 

5. HUF(ハフ)

HUF(ハフ)は、プロスケーターのキース・ハフナゲルが立ち上げたブランドで、シンプルながらもスタイリッシュなデザインが特徴です。

特にソックスやキャップが人気で、スケーターたちの定番アイテムとなっています。

 

スケーターファッションの歴史と文化

スケーターファッションの歴史と文化

スケートボードの誕生と初期のファッション

スケートボードは1940年代末から1950年代初頭にかけてアメリカのカリフォルニアで誕生しました。

当初はサーフィンの代替として開発され、サーファーたちが波のない日でも楽しめるようにと考案されました。

この時期のスケーターファッションは、サーファーたちの影響を強く受けており、ショートパンツやTシャツ、サーフィン用のウェアが主流でした​。

 

1970年代: スケートボードのブームとファッションの進化

1970年代に入ると、スケートボードは急速に普及し、第1次スケートボードブームが到来しました。

この時期には、より機能的で耐久性のあるファッションアイテムが求められるようになり、デニムやチノパン、パーカーなどがスケーターたちに支持されるようになりました。

また、1978年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、スケートボードの人気をさらに押し上げました​。

 

1980年代: スケートカルチャーとメディアの影響

1980年代には、スケートボードのカルチャーがより一層確立され、スケーターファッションも独自のスタイルを形成していきました。

この時期、雑誌『THRASHER』の創刊や『The Bones Brigade Video Show』などのビデオコンテンツが登場し、スケートボードカルチャーが広く浸透しました。

ファッション面では、ゆったりとしたTシャツやパーカー、バギーパンツが主流となり、ストリートカルチャーと密接に結びつきました​​。

 

1990年代: ストリートカルチャーとの融合

1990年代は、スケーターファッションがストリートカルチャーとさらに融合し、多様化していった時期です。

この時期には、HIPHOPやグランジといった音楽シーンとのクロスオーバーが進み、スケーターファッションはより多彩なスタイルを取り入れるようになりました。

また、スケートボードブランドとしてはSUPREME(シュープリーム)やSTUSSY(シュテューシー)などが人気を博し、スケーターファッションのアイコンとなりました​。

 

2000年代以降: グローバルな影響と現代のスケーターファッション

2000年代以降、スケートボードは世界的なスポーツとして認知されるようになり、スケーターファッションも国際的な影響を受けるようになりました。

特に、2010年代にはスケートボードがオリンピックの正式種目として採用され、スケートボードカルチャーはさらに広がりを見せました。

この時期のファッションは、伝統的なスケータースタイルに加え、高機能な素材やデザインが取り入れられるようになりました。

代表的なブランドには、HUF(ハフ)やVANS(ヴァンズ)、PALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)などがあります​。

 

日本におけるスケーターファッションの展開

日本におけるスケートボードの普及は1970年代初頭から始まりました。

蓮沼海浜公園や渋谷のカリフォルニアスケートパークなど、多くのスケートパークが設立され、スケートボードが広まっていきました。

1980年代にはストリートシーンが活発化し、横浜や東京などの都市部でスケートイベントが頻繁に開催されるようになりました。

1990年代以降、日本のスケートブランドも誕生し、独自のスタイルとカルチャーを形成していきました。

 

以上のように、スケーターファッションはスケートボードカルチャーとともに進化し続け、現在では多様なスタイルとブランドが存在しています。

スケートボードそのものの魅力だけでなく、ファッションや音楽、アートといった多面的な要素が融合することで、スケーターファッションは今後も進化し続けるでしょう。

 

また、スケーターファッションは、スケートボードのパフォーマンスを支える実用的なスタイルから発展し、現在ではストリートファッションの一部として多くの人々に愛されています。

代表的なブランドには、THRASHER(スラッシャー)、VANS(ヴァンズ)、SUPREME(シュープリーム)、PALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)、HUF(ハフ)などがあり、それぞれが独自のスタイルとデザインでスケーターファッションの魅力を伝えています。

スケーターファッションを取り入れることで、機能性とファッション性を兼ね備えたスタイルを楽しむことができます。

 

スケーターファッションの代表的なスタイルと着こなし

スケーターファッションの代表的なスタイルと着こなし

1. クラシックスタイル

特徴

クラシックスタイルは、スケートボードの初期から続く伝統的なスタイルです。

このスタイルは、シンプルで実用的なアイテムを中心に構成されており、動きやすさと耐久性を重視しています。

 

アイテム例

  • Tシャツ:シンプルなデザインのものが多く、ブランドロゴやグラフィックが入ったものが人気です。代表的なブランドには、THRASHERやVANSがあります。
  • チノパン・デニム:太めのシルエットで動きやすく、耐久性が高い素材が選ばれます。
  • スニーカー:耐久性があり、グリップ力の高いスケートシューズが必須です。VANSやNIKE SBが定番です。

 

コーディネートのポイント

クラシックスタイルでは、全体的にシンプルでまとまりのあるコーディネートが重要です。

例えば、白いTシャツにデニムパンツ、VANSのスニーカーを合わせると、スケートボーダーらしいスタイルが完成します​​。

 

2. ストリートスタイル

特徴

ストリートスタイルは、スケートボードカルチャーとストリートファッションが融合したスタイルです。

より自由で個性的なアイテムが取り入れられ、ファッション性が高いのが特徴です。

 

アイテム例

  • オーバーサイズのパーカーやフーディ:ブランドロゴやグラフィックが大きく入ったものが人気です。代表的なブランドには、SUPREMEやSTUSSYがあります。
  • バギーパンツ:ゆったりとしたシルエットで、動きやすさを重視しています。
  • キャップやビーニー:アクセサリーとしての役割だけでなく、日差しや風から守る機能もあります。

 

コーディネートのポイント

ストリートスタイルでは、個性を表現することが重要です。

例えば、派手なグラフィックが入ったフーディにバギーパンツ、カラーアクセントのあるスニーカーを合わせると、存在感のあるコーディネートが完成します​。

 

3. ヴィンテージスタイル

特徴

ヴィンテージスタイルは、過去のスケーターファッションの要素を取り入れたスタイルです。

レトロなアイテムやカラーを使用し、懐かしさと新しさを融合させています。

 

アイテム例

  • ヴィンテージTシャツ:古着屋で見つけたようなレトロなデザインやカラーのTシャツが人気です。
  • オールドスクールのスニーカー:コンバースやアディダスのクラシックなモデルが好まれます。
  • デニムジャケット:ダメージ加工やパッチが付いたものなど、個性的なデザインが多いです。

 

コーディネートのポイント

ヴィンテージスタイルでは、古いものと新しいものを組み合わせることが重要です。

例えば、ヴィンテージのバンドTシャツにデニムジャケット、クラシックなスニーカーを合わせると、独特の雰囲気が生まれます。

 

スケーターファッションは、クラシックスタイル、ストリートスタイル、ヴィンテージスタイルといった様々なスタイルがあります。

それぞれのスタイルは、スケートボードのカルチャーや歴史、個々のライフスタイルを反映しています。

これらのスタイルを組み合わせて、自分だけのスケーターファッションを楽しむことができます。

スケーターファッションを取り入れることで、ファッション性と機能性を兼ね備えたスタイルを楽しむことができます。

 

まとめ:歴史と共に進化したスケーターファッション

まとめ:歴史と共に進化したスケーターファッション

スケーターファッションは、スケートボードカルチャーと深く結びついたファッションスタイルで、その歴史と共に進化してきました。

クラシックスタイル、ストリートスタイル、ヴィンテージスタイルといった多様なスタイルが存在し、それぞれがスケーターたちの個性とライフスタイルを表現しています。

 

クラシックスタイルは、シンプルで機能的なアイテムを中心に構成され、耐久性と動きやすさを重視します。

一方、ストリートスタイルは自由で個性的なアイテムを取り入れ、ファッション性を高めています。

ヴィンテージスタイルは、過去のスケーターファッションの要素を取り入れたレトロな魅力が特徴です。

 

代表的なブランドとして、THRASHER(スラッシャー)、VANS(ヴァンズ)、SUPREME(シュープリーム)、PALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)、HUF(ハフ)などが挙げられます。

これらのブランドは、スケーターファッションのアイコンとして多くのスケーターに支持されています。

スケーターファッションは、単なるファッションの枠を超え、スケートボードカルチャーやライフスタイル、自己表現の手段として重要な役割を果たしています。

この記事を通じて、スケーターファッションの魅力と多様なスタイルを理解し、自分に合ったスタイルを見つける参考にしていただければ幸いです。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-WEARBRARY

© 2024 IDEALVINCI