ブランドリリース

GEORGE COXとは?【ブランドリリース】

※アフィリエイト広告を利用しています。

PICK UP|ファッションニュース

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

ブランド古着専門オンラインショップ|BUYER'S GARMENT

バイヤーズガーメントは「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」などのアクティブなファッションやライフスタイルを提案するブランド古着専門のオンラインショップです。

公式オンラインショップはこちら

 

▼白Tシャツ専門ブランド【Cov】はコチラ▼

 
こだわり抜いたMade in Japan白Tシャツ:1枚19,800円(税込)
 
 

▼UWear(ユーウェア)はコチラ▼

 
スタイリストのメンズファッションコーデを月額6,800円(税込7,480円)からサブスクレンタル

 

▼SPU スタイルアップ便はコチラ▼

 
スタイリスト厳選コーデが毎月届くサブスクサービス
 
 

▼ビズ服|bizfukuはコチラ▼

 
オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのメンズコーディネートレンタルサービス

 

  1. IDEALVINCI >
  2. ブランドリリース >

GEORGE COXとは?【ブランドリリース】

GEORGE COX

GEORGE COX(ジョージコックス)は、その独自のデザインと高品質な製品で長年にわたり多くのファッション愛好者やミュージシャンに支持されてきました。

1949年に開発された「ブローセル・クリーパー」は、厚底のクレープソールを特徴とし、テディボーイやパンクロックといった様々なサブカルチャーの象徴となりました。

さらに、近年ではComme des GarçonsやUndercoverなどのブランドとのコラボレーションを通じて、現代的なエッセンスを取り入れながらも伝統を守り続けています。

この記事では、GEORGE COX(ジョージコックス)のデザインの特徴とそのスタイルの進化についてご紹介します。

 

GEORGE COXの起源と歴史

創業と初期の歴史

GEORGE COX(ジョージコックス)は、1906年にイギリスのノーザンプトンで創業されました。

創業者のジョージ・ジェイムズ・コックスは、グッドイヤー・ウェルト製法と独自のウェルト製法による高品質な靴を製造し、その評判を確立しました​。

 

ブローセル・クリーパーの登場

1949年、ジョージコックスは「ブローセル・クリーパー(Brothel Creeper)」と呼ばれる厚底の靴を開発しました。

この靴はクレープソールを使用し、これが世界初のラバーソールを採用した靴となりました。

クリーパーは、1950年代のイギリスのユースカルチャーであるテディボーイたちに人気を博し、ロックンロールの象徴としても知られるようになりました。

 

パンクとロックへの影響

1970年代には、ヴィヴィアン・ウエストウッドとマルコム・マクラーレンによって、ロンドンのキングズロードに「LET IT ROCK」という店がオープンし、GEORGE COX(ジョージコックス)のクリーパーが紹介されました。

この店はセックスピストルズなどのパンクバンドと関係が深く、パンクムーブメントにおける象徴的な存在となりました。

 

現代のジョージコックス

1980年代には、ロカビリーの再興によりGEORGE COX(ジョージコックス)のシューズの人気が再燃し、1990年代後半にはストリートファッションの定番アイテムとなりました。

また、2006年には創業100周年を迎え、多くのミュージシャンやファッショニスタに愛され続けています​。

 

GEORGE COX(ジョージコックス)は、創業から現在に至るまで、革新的なデザインと高品質な製品で多くの人々に愛されてきました。

テディボーイからパンクス、ロックンロールまで、様々なカルチャーの中でその存在感を示し続けているブランドです。

 

創業者ジョージ・ジェイムズ・コックスについて

創業の背景

ジョージ・ジェイムズ・コックスは、1906年にイギリスのノーザンプトンでGEORGE COX(ジョージコックス)を創業しました。

当時、コックスは主に伝統的なダービーシューズとオックスフォードシューズを製造し、高品質な靴作りで知られていました。

彼の靴作りに対する情熱と技術は、ブランドの基盤を築くことに大きく寄与しました。

 

ブローセル・クリーパーの開発

1949年、GEORGE COX(ジョージコックス)は「ブローセル・クリーパー」という厚底靴を開発しました。

この靴は、世界初のラバーソールを採用したことで革新性を持ち、1950年代のイギリスのユースカルチャーであるテディボーイたちの間で人気を博しました​。

このクリーパーの登場は、ブランドの名声を一気に高め、コックスの名を世界に広めるきっかけとなりました。

 

ジョージ・ジェイムズ・コックスの遺産

ジョージ・ジェイムズ・コックスのビジョンと職人技は、その後の世代にも受け継がれ、ブランドは進化を続けました。

1970年代には、ヴィヴィアン・ウエストウッドとマルコム・マクラーレンによる「LET IT ROCK」などの店舗で紹介され、パンクムーブメントと深く結びつきました。

これにより、GEORGE COX(ジョージコックス)の靴は、パンクロックやニューウェーブ、ロカビリーといった様々なサブカルチャーの中で重要な役割を果たすようになりました​。

 

現在のジョージコックス

GEORGE COX(ジョージコックス)は、創業から100年以上を経た今もなお、革新的なデザインと高品質な製品で知られています。

現在は、様々なファッションブランドとのコラボレーションを通じて、次世代のスタイルアイコンとしての地位を確立しています​。

 

ジョージ・ジェイムズ・コックスの創業当初の情熱と革新性は、今もなおGEORGE COX(ジョージコックス)のDNAに息づいており、その影響は広く深くファッション界に浸透しています。

 

GEORGE COXのデザインの特徴とスタイル

デザインの特徴

GEORGE COX(ジョージコックス)の靴は、その独特なデザインと高品質な製造方法で知られています。

特に有名なのが「ブローセル・クリーパー(Brothel Creeper)」です。

この靴は1949年に開発され、厚底のクレープソールを特徴としています。

このソールは、クレープソールの側面に断層状の模様が見える一般的なものとは異なり、ラバーで覆うことでクレープの断面を隠し、洗練された外観を持っています​。

 

スタイルの進化

GEORGE COX(ジョージコックス)のデザインは、時代と共に進化し続けてきました。

1950年代には、テディボーイたちの間でクリーパーが人気を博し、後にロックンロールの象徴としても広く知られるようになりました。

1970年代には、ヴィヴィアン・ウエストウッドとマルコム・マクラーレンが運営する「LET IT ROCK」などの店舗で、パンクロックのアイコンとして紹介され、その後もパンクやニューウェーブ、ロカビリーといった様々なサブカルチャーの中で重要な役割を果たしています。

 

コラボレーションと現代の展開

近年では、GEORGE COX(ジョージコックス)は様々なファッションブランドとのコラボレーションを行い、次世代のスタイルアイコンとしての地位を確立しています。

Comme des GarçonsやUndercover、ALYXなどとのコラボレーションがその一例です。

これにより、GEORGE COX(ジョージコックス)は伝統的なデザインを維持しつつも、現代的なエッセンスを取り入れることで、時代を超えた魅力を持つブランドとして認知されています。

GEORGE COX(ジョージコックス)の靴は、クラシックでありながらも革新的なデザインが特徴であり、そのスタイルは今なお多くのファッショニスタやミュージシャンに愛され続けています。

 

まとめ:GEORGE COX ブランドリリース

GEORGE COX(ジョージコックス)は、その独自のデザインと高品質な製造方法で長年にわたり多くのファッション愛好者やミュージシャンに愛されてきました。

1949年に開発された「ブローセル・クリーパー」は、厚底のクレープソールを特徴とし、テディボーイからパンクロックに至るまで、様々なサブカルチャーの象徴として広く認知されています。

また、近年ではComme des GarçonsやUndercoverなどのブランドとのコラボレーションを通じて、現代的なエッセンスを取り入れながらも伝統を守り続けています。

この記事では、GEORGE COX(ジョージコックス)のデザインの特徴とそのスタイルの進化についてご紹介しました。

今後もGEORGE COX(ジョージコックス)は、その革新的なデザインと高品質な製品で、多くのファッショニスタたちに愛され続けることでしょう。

PROFILE

IDEALVINCI
IDEALVINCIメンズファッション専門WEBライター
古着屋「BUYER'S GARMENT」を運営する元メンズアパレルデザイナー。
セレクトショップのECサイト運用担当後、WEBマーケティング業界に従事し、事業部長などのキャリアを経験。

起業後は「サーフ」「アウトドア」「スポーツ」「ストリート」などのアクティブなメンズファッションやライフスタイル情報を発信するIDEALVINCI専属ブロガーとしても活躍。「メンズ古着」「リユースファッション」などの情報も発信。

-ブランドリリース